起業における銀行融資って?

只石昌幸の人生相談

2013年7月4日

Q.

只石さんへ

夜分遅くにメッセージをしてしまい誠に申し訳ございません。
アロハシャツ専門店
heizoose Aloha + Supplyの山仲です。

先日の講演本当に有難うございました。
只石さんのお話のおかげでやる気スイッチがMaxになっております。

只石さんにお聞きしたい事がありまして、
大変不躾な質問かと思いますが、ぜひお答え頂ければと思います。

この度アロハシャツの新規ブランド立ち上げにに際しまして、銀行融資を受けようと思っています。

銀行融資を受けるにあたって一番大切な事は何ですか?

ご多忙かとは思いますが、只石さんの意見をお聞きしたいです。

よろしくお願い致します。

山仲

A.

ごめん、、、
起業して10年、、、

一度も、借金したことねーわ。

でも、
大事なことは、借りたこともない俺でも知っているぞ。

銀行から借りる時の大事なことは、、、

 


『絶対に、返すこと。』

 


笑。
でもな、
絶対に返す人なら、
誰でも、貸すだろ。

要するに、

『返す雰囲気を先にどう伝えるか?』

これ、真理。

結局、
みんな、、、

『自分のメリット』ばかり、考えている。

貸してくれる銀行のメリットは?

銀行は、
『必ず返してくれる人に貸す。』
が、目的。

でもな、
あとひとつ、あるんだよ。

『窓口の担当者のメリット』

縦割りで、減点方式の査定の中、生きているサラリーマンのメリットは、

『危ない橋を渡らない』

中には、
人生をかけてくれる立派な人もいるけど、あくまで、例外。

『言い訳をさせてあげる』

こんなに立派な企業に金を貸すのは、自分でなくても承認する。っていう、言い訳。
彼らは、無難という、危なげなく生きることを選択しているからね。

あとは、
考えてみて。

俺は、
方向だけ示す。
これは、うちの会社での俺の業務も一緒なんだよ。、

 LEVERAGE 只石

情熱講演ページトップへ