起業して10年、やっと、自分が心からやりたい仕事を知った。...
2014年1月30日

【起業して10年、やっと、自分が心からやりたい仕事を知った。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




僕が、
2014年になってから、
講演、セミナー事業をすべて辞めようと
決意して、
来月で、
最後のセミナーや勉強会を迎えます。


3月からは、
完全に、辞めて
主軸事業に特化すると、決めました。



結局、
僕は、、、


 『 何で、人の役に立つのか? 』


を、
考えぬいたところ、講演やセミナーじゃなかったんですよね。



 「いや、そんなことない! 影響をもらった人もたくさんいる」


 「只石さんのお陰で、、」




そう、
言ってもらえるのは、本当にうれしいです。


が、、、


 【 違う経営者が、同じように壇上に立ったとしても、たくさんの人が影響は受ける 】


この考え方に行き着いたのです。



今の上場企業の社長たち、

今のベンチャーの雄と言われている人たち、

彼らが、
事業の合間に、自己啓発的なセミナーを開催したとしても、
ある一定量以上の“ファン”って、産まれるんじゃないかなって。



たとえ、一人でも求めてくれたら、それをやる。

これは、
すごい美談で、大事なことです。


でも、
僕としては、


 『 ほかの誰でもできることを自分がやる必要があるのか? 』



これが、
僕の根底には、常にあるんですよね。



僕の講演スタイル、

僕のメッセージ性、

たしかに、
他の人には、全くないスタイルだったかもしれません。

それは、当然です。
だって、そこを目指したから。


しかし、、、その真意は、『本当に、目の前の人たちのためだったのか?』

という考えに、
いつも、陥ってしまうのです。




あれは、僕自身のためだったんじゃないか?

あれは、僕が目立つためにやっていたのではないだろうか?




2013年は、
本当に、悩みながらやってました。

僕は、完全にスイッチが入らないと全く身体が動かない
不器用すぎちゃうんですよね。



だから、やめてみました。



でも、
辞めた理由は、それだけじゃなく、


 『 自分が、自分にしかできない世界をWEBに見つけた 』


これが、大きいです。




僕は、
サラリーマン時代から、
任されている営業の仕事を全くせずに、
企画や、
提案ばかりしてました。

中には、企画が通って、
ビジネスになったこともありました。



10年前の起業だって、
僕の『オリジナルの企画』を、世間が認めてくれたからこそ、
今日までの10年間、生きてこれました。


 “ オリジナルの企画 ”


これを、
3月から、思いっきり、世の中にぶつけたいのです。



アタマが擦り切れるくらい、考え抜きたいのです。



起業して、
10年、、、こんなにも、ワクワクしたのは初めてです。


10年経って、
やっと、気づく人もいるんですよね。



最近は、
風潮として、、、、


 『 ワクワクする仕事、大好きなことを仕事にしよう! 』


と言う人が多くなっていて、
その結果、、、
この言葉にとらわれすぎて、もがいている多い気がします。




極端ですが、、、


 縄文時代、

 戦国時代、

 江戸時代、

 明治時代、

 高度成長時代、

 そして、失われた10年間、、、

 そして、今・・・



時代によって、
求められる仕事が変わってきます。


なのに・・・

自分の中だけのちっぽけな感情で、
仕事を選択するって、もったいない気がしてならないです。


僕も、
10年、
”求められる仕事”をやった結果、やっと
自分の求めている仕事が見えた気がしているほど。




僕は、

今という時代 と、

今生きる人たち を、

きちんと見て、

自分が役に立てる能力をビジネスにしたい。

そうでありたい。



———————————————————

今日の成功統計学:

情報が溢れかえった時代、

出版は、常に、、、過去に手垢がついていないタイトルを求め、

マスコミは、常に、、、刺激を感じることばかり放映する。

この情報に翻弄されることなく、自分の能力を最大化するためには、

まずは、決めるってことが大事なのかもしれない。

決められないから、情報を探しに行く人達が多すぎる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



====================================

最後の、最後の講演が、来月あります。 もう、壇上には立ちません。...
2014年1月25日
カテゴリ:

【最後の、最後の講演が、来月あります。もう、壇上には立ちません。】

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




今年、
大きな決断は、、、


 『 講演・セミナー活動を一切、辞めて実業に集中する 』

  ※教育機関、大学の構内での講演・授業は引き続きやります。




これにより、
学生向けの講演以外、
一切、
辞めます。

たとえ、
前説であっても、“壇上”や“セミナー会場”に
僕が、立つことは、
まず、辞めます。



だから、、、

半年前から決まっていた
この講演が、最後の最後、本当に最後です。


 『リーダーのホンネ~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~』

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/



まだ、
残席があるみたいなので、
ぜひ、
僕の最後の勇姿を観てあげてください。笑




決めると、
人って、次の行動が生まれるんですよね。


決める人、
人って、そのためのアイデアを思いついちゃうんですよね。


だから、
僕は、、、、


 『 決めるという行為、絶対に中途半端にはやらない 』



やるなら、やる。

やらないなら、一切やらない。

やるかどうか迷ったら、決まるまで、決めたことに従う。





僕が
見ていて、、、


 【 決めたことを守らない人は、そのたびに、決める能力が劣っていく 】


ならば、
最初から、決めなければいいのに・・・



 「 痩せるぞ! 」


 「 身体を鍛えるぞ! 」


 「 英会話を始めるぞ! 」



決めたこと、
途中でやらなくなるなら、

中途半端にしないで、次の決断、、、、【辞める】という決断を
早くした方がいいと思う。



じゃないと、
すべてが、中途半端。




僕は、
“朝令暮改”というコトバが大好きです。

経営者にありがちで、
朝令暮改って、あまりいい意味でとらえられてませんが、

僕は、

朝決めたことを、
平気で、、、

夜に、辞める!と決める。


これこそが、
決断力がある人にしか、できない芸当で、

周りからしたらはた迷惑かもしれませんが、

この“朝令暮改”の能力があるかぎり、
逆に言えば、

朝決めたことを、一生涯、続ける能力も備わっていると思ってます。






人生最後とまでは言いませんが、
間違いなく、
2014年度は、一切の講演、セミナー事業を辞めます。


これ、
最後かも知れません。




~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/


ぜひ、
会場で、お逢いしましょう!!

お花とか、いらないですよ~。笑

———————————————————

今日の成功統計学:

やるなら、やろう。

やめるなら、やめると宣言しよう。

中途半端は、決める能力を弱小化させ、

中途半端は、辞める能力すら弱らせる。

決めたことはやる。

やらないなら、その時点で、勇気を持って撤退してしまえ

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

起業して10年目、大きな、大きな決断をしました。...
2014年1月22日
カテゴリ:

【起業して10年目、大きな、大きな決断をしました。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




3年前、
1つの選択を決めた。

決めるのに、相当悩み抜いた。

誰に相談しても、結局、最後は自分で決めないといけないことに
気づいた時、
怖くて、怖くて仕方なかった。

しかし、
次に進むためには、選択をしたほうがいいことだけは
わかっていた。

そして、最後には、自分で決断をした。


 『 当時、一番儲かっている事業を辞める 』と。


辞めると決めたら、
徐々にフェードアウトという選択がいやだった。

なので、
いきなり、辞めた。

社員には、


「 今日を持って辞める。 」と。


商談中のお客様も、
丁重にお断りした。

受注したら、お金が入ってくることはわかっていたけど、
それが、すごく決断を弱くするようで、それをしてしまうのが怖かった。



周りからは
すごく言われた。



 「どうして、いきなり、儲かっている事業をやめてしまうの?」


 「もったいなくないですか?」


 「せっかく、業界で1番なのに・・・」




でも、僕には、
僕にしか見えなかったかもしれないけど、
その業界の未来に、なにも可能性が見えなかった。
それどころか、
全く、違う方向にばかり進む業界をメイン事業にし続ける恐怖すら感じていた。




これこそが、
ブログのコンサルティングを辞めた時に、
僕の心境だった。


弊社が、
一切のアメブロブランディングを辞めた半年後から、
アメブロの商用利用のブログが、サイバーエージェントに
消される自体が発生し始めた。

ブログ=個人の日記・社会への意見を投稿する場所

そこをサイバーエージェントが目指し始めたのだ。



僕は、
僕自身、決して、未来が読める優秀な経営者とか、
ましてや、預言者とは思ってない。



ただ・・・自分の中に、違和感を感じたから、辞めた。

ただ、それだけだった。





2014年、1月。

僕は、決断しました。



 『 今後、大学構内での講演を除くすべてのセミナーを辞める 』




2013年は、ほぼ、毎週やっていた講演やセミナー。

ほぼ、
ほとんどのエネルギーを注いたこのビジネスを、今月、閉じます。




なぜか?




 『セミナーに違和感を感じたから』




結局、
僕自身を、大きく見せ
僕自身の自己承認欲求を、満たしたかったんだじゃないかな。




起業して、10年目。

2回めの決断を自分でしてみた。



僕は、
ある意味、幸運だと思う。

決断をしたら、
Facebook、メルマガなど、アウトプットする場所がある。

だから、
先にアウトプットしてしまえば、後戻りができない。笑



中途半端からは、何も生まれない。



僕は、
今後、すべてのエネルギーを『WEBマーケティング』に投下したい。


死ぬほど考えて、

死ぬほどアイデアを絞り出して、

死ぬほど改善を図ってみたい。



結局、
10年前の起業の時、やっていたことに立ち戻った。



たったひとりで、、、

人脈なんて気にせず、

自己啓発なんて一切せずに、

神社仏閣すら気にすることなく、



ストイックに、目の前のチャンスを追い続けていたあの頃。




結局、
人は、自分が心地いい場所、わかっている気がする。

去年は、
ずっと、どこかで、居心地が悪かったんじゃないかな。

うすうす気づいていたけど、
あえて、気付かないフリしていたんじゃないかな。




死ぬほど、
考えぬくために、新しく、オフィスを借りた。

小さくて、古くて、
マンションの一室のオフィス。




ライバルは、
今日までの10年間の自分。

ある意味、負ける気、しねー。笑






僕は、やります。

やったります。



答えなど、そもそもなかったんじゃないかな。

ここ数年、、、意味ない答え探し、正解探しにばかり

時間を割いていたかもしれない。





もし・・・

今の僕が、誰からか、

「どうしたら、成功できますか?」って聞かれたら、

迷わず、こう答えたい。





 「好きにすりゃー、いいじゃん。

    何が好きかわからない?ならば、好きなコト探しているフリしてねーで、

    目の前のできること、必死になってみたら?」




まずは、
必死になってみます!



———————————————————

今日の成功統計学:

人は、変化を先延ばししている。

そして、環境の変化に結局、順応できずに、もがいてしまう。

ならば、

まだ、追い詰められてない状態で、先に変化したほうがいい。

自ら決断して生きる人生こそ、生きている!と感じる人生なんじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石

考えぬくという習慣が、新しい悩みを産んでいる。...
2014年1月18日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



今持ちえる
“全エネルギー”を、ビジネスにぶつけたほうが
絶対に、
経営者としては、結果が出るに違いない。


サラリーマン時代、
僕は、
全エネルギーを、週末にぶつけた。笑

月曜日は、
ヘトヘトで寝不足で始まり、

水曜日くらいから
週末を待ちわび、

金曜日の夕方には、
カウントダウンを始めて、残業を振りきって、会社を出て
夜の世界へ。


あの時代、
何を生み出したのだろうか?





しかし、
起業して、10年、
最近、考えるようになったのは、



 『 今の僕は、何に全エネルギーをぶつけているのんだろうか? 』




経営者と言いながら、
壇上に立って、講師業もやり、


経営者のくせして、
マネージメントは優秀な人材に任せ、


経営者のくせして、
あれもこれも、好奇心に従い、あらゆるビジネスに興味を持ってしまう自分。



 『 今の僕は、何に全エネルギーをぶつけているのんだろうか? 』




基本、
経営者とは、好奇心の塊みたいな人間。

やれることを探しちゃったら、
なんでもやろうとしてしまう。

そして、
事業が分散化され、エネルギーが分散し、
いつしか、
競合に食われてしまう。





僕は
いったい、何に、全エネルギーをぶつけているんだろうか?


僕は、
いったい、どんな価値を生み出しているのだろうか?





起業して、10年。

新しい悩みが生まれている。




もう一度、
原点に戻ったからこそ、気づいた、新しい悩み。

悩みがあるから、思考が生まれ、

悩みがあるから、実験が生まれる。



悩みをマイナスとしてばかり、受け止めたくない。





悩みぬいた上で、
原点に戻ること、決めてみました。



 《 誰も生み出してない価値とサービスをWEBを通じて、生み出す 》



やはり、
僕は、ここなんだろう。


僕は、
僕がやっているビジネスを一言で言うと、
《マイノリティマーケティング》(超少数派ユーザーの潜在ニーズを提供する)であると
思ってます。



2014年は、
考え抜きたい。

考えれば、考えるほど、捨てるべき遺産に気づいてしまい、

考えれば、考えるほど、手放さければならないことを知ってしまい、

考えれば、考えるほど、新しい悩みが生まれる。


それでも、僕は、考え抜きたい。


その先に
絶対に、自分にしかない未来があると信じていている限り。



考えぬくこと、習慣化したい。



人は、
弱い。

しかし、
その弱さの中にこそ、
その人のホンモノの強みがある。

実は、
その人が強みと思っていることなど、
はるかに凌駕するほど、
弱さの中にこそ、真の強みがある。

ぜひ、体感して欲しい。

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

動物と人間の明確な違いこそ、“考える”と“未来への想像力”。

同じように、

出来る人とそうではない人の明確な違いこそ、“考える”力。

何も考えてないから、人に、時代に、翻弄され、

何も考えてないから、いつまでも悩み続ける。

まずは、考えてみよう。どうやったら、明るい未来にたどり着くか?と

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

曖昧な未来のまま、明確な未来は手に入るのか?...
2014年1月15日

【曖昧な未来のまま、明確な未来は手に入るのか?】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




最近、
東京においても
大きな複合施設や、高層ビルの
オープンラッシュが続いてます。

僕は、
既存のビルや施設もそうですが、
観るたびに思うことがあります。



 『 明確な設計図がなかったら出来なかっただろう 』




僕は、
一軒家レベルの建物でも、
明確な設計図があるから、建てられると思うたびに、
“人生も一緒なのではないだろうか?”と、思ってます。



明確なゴール

明確な納期

明確な設計図

そのための技術

そのためのリソース



これらが、
すべて、はっきりしているから、
そこに、建物が立つと。



最初は、
曖昧だったかもしれない。



 「ここに、こんな施設があったら素敵だろうな。」


最初は、
夢物語だったかもしれない。

しかし、
いざ、計画が始まったら、
1ミリ単位の明確さがない限り、
建物は立たない。




僕の今年の標語は、



 『 決 め て 、 考 え ぬ く 』


これを、
建物で考えると、

明確に決めて、
明確に納期を区切って、
明確な設計図を描くから、、、そこに、建物が立つ。




人は
曖昧ないきものかもしれない。

しかし、
曖昧な状態では、建物という人工物は建てられない。

ならば、
人は曖昧でもいいかもしれないが、
ビジネスや、夢の実現とは、人工物という意味において、
建物と同じように、“明確さ”“緻密さ”こそ、大事なのではないだろうか?





今年は、
建物の設計図くらい、
1年間の自分の行動を、紙面化して、その通り動いてみたい。

息苦しい?

決めすぎて、息抜きが出来ない?




僕には、
何も成し遂げられず、
中途半端な人生を生き続けるほうが、よっぽど、息苦しい。





人は、
弱い。

しかし、
その弱さの中にこそ、
その人のホンモノの強みがある。

実は、
その人が強みと思っていることなど、
はるかに凌駕するほど、
弱さの中にこそ、真の強みがある。

ぜひ、体感して欲しい。

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

最初は、誰かのアタマの中にだけあった建物のイメージが、

明確な設計図まで落とし込まれ、それに則して、創りあげるから、

地球上に現れる。

ビジネスの未来も、緻密な設計図は必要なんじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ