考えぬくとは、問いかけの回数と量。
2014年1月8日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

新年
あけましておめでとうございます。

本年も
よろしくお願いします!



2014年、
最初の配信です。

今日は、1月7日。
今年、7日目。
実は、もう今日で2014年の約2%は、
完了してしまっているのです。



そうやって考えると、
1日、1日が掛け替えのないものに僕は感じます。

大晦日や、元旦だけ、
やたら、目標や、
やたら、抱負を口にして、

気づいたら、1ヶ月過ぎて、
気づいたら、、、あっという間に、年末。



常に、
元旦のつもりで、
2014年は、すべてを決めて、走り続けたいです。

今年の
僕のテーマは、


 『 決 断 し て 、 考 え ぬ く 。 』



ただ、
未来を決めるだけではなく、

その決めた未来に
どう近づくか?
なぜ近づいて行ってないのか?
どうしたら効率化を図れるか?

考え抜きたいです。




考えて、
考えて、
それでもさらに、考えて、

そして、実行する。




すべては、行動のために。




本を読んだり、
セミナーに言ったり、
人の話を聞くのも大事。

しかし、
その後、実際に、自分の世界の中で
行動を起こすために、
“何をするのか?”を考えぬくことが、すごく大事ということに
やっと、
去年、気づいたのです。



感覚や、直感ばかりに頼りすぎてました。



今年は、
人に聞くのも大事だけど、
まずは、
自分のアタマを使って、考えぬいてみたいです。



今年から、
自宅とは別に、2つもオフィスを拡大し、

今年から、
毎月のように社員が増えている。



そうなると、
“勘”だけでは、経営が機能しなくなることに
やっと、気づきました。




今、
あまり告知もしてないですが、
シークレット食事会という勉強会をやってます。

1月開催告知
http://jyounetsu.tv/toikake201401/

2月開催予定
http://jyounetsu.tv/toikake201402/



ここでやっていることは、
とにかく、、、参加者たちに、『問いかけ』をしまくるということ。


問いかけ、質問、疑問を
ぶつければ、ぶつけるほど、
アイデアが湧いてくるのです。


要するに、、、
いかに、
人は、普段、考えずに行動しているのかがわかります。



だから、
僕は、
自分自身への問いかけの時間を大事にするようになりました。




世の中的には、
『好きなことを仕事に!』と言われてますが、
僕は、
この危険性をすごく感じてます。

僕なら、
好きなことも大事だけど、“得意なスキルを使ってまずは収益化”を
まっさきに、やりたいです。

収益化して、仕組み化して、
そこから、
好きなことをその中から見つけたほうが絶対に
効率的と思います。



好きなことを追っている間に、
チャンスが去ってしまいます。


好きなことをイメージするなら、
僕は、
考えぬいて、ニッチなビジネスと自分のリソースを組み合わせて
収益化したいです。


考えて、考えて、それでもさらに考えて、その先の考えぬいた先に・・・

目の前のチャンスを生かすきっかけがあるのです。




人生のチャンス、
考えぬくことで、まずは明確に目の前に作り上げてみませんか?

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

問いかけの回数と、年収は比例する。

問いかけの量と、成功の確率は比例する。

考えぬいた先にこそ、未来が見えてくる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ