元旦から、10日過ぎたからこそ大事なこと。
2014年1月11日

【元旦から、10日過ぎたからこそ大事なこと。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



もう、
早いもので、2014年の仕事が始まってから
1週目が、すでに終わりました。


実は、
もう、、、新年に掲げた目標、今年の抱負、
忘れてませんか?



僕は、
1月は、常に思うことがあって、



 『1月は、日々、元旦のつもりで1ヶ月過ごす。』


1ヶ月かけて、
決めた目標を、血肉にして、身体にインストールしたいんですよね。



サラリーマン時代、
誰よりも、年末の休みを待ち焦がれ、
誰よりも、その年のことを忘れ、来年に賭け、
誰よりも、元旦に、強気の発言をして・・・


1月の
始業の時には、すべて、まるっと、忘れていた僕・・・




これじゃ、
何も、生み出さず、
何も、始まるわけがないですよね。




今の僕は、、、


 人は、忘れる・・・

 人は、サボる・・・

 人は、やりたいくない・・・

 人は、甘い・・・

 人は、ズルい・・・

 人は・・・


と、
“放っておいたら、何もしない”と、

自分を戒めることにしてます。




もし、
決めた目標を、誰もが叶ったら?

もし、
やる!と決めたことを、誰もができたら?

もし、
自分に勝つことができて、何でも実現できていたら?




こんなにも、人は苦しまないし、
こんなにも、自己啓発の本は平積みされないし、
こんなにも、悩む人は、いないでしょう。


僕は、
しっかりと、現実を見たいのです。

そのためには、
その現実のひとりとして、自分自身を客観的に観る時、
自分は特別なんて、思いたくないです。

特別だったら、ここまで、悩みぬいてこなかったと思うし。





1月、
いやというほど、今年の目標を噛みしめたい。

今年は、特に、【 決 め て 、 考 え ぬ く 】という1年にすると
決めた以上、
この決めたことからは、1ミリも逃げたくない。




ほぼ、
自分自身に、書き、

ほぼ、
自分自身を戒めるための、、、今日のメルマガ。


やはり、
人は弱い。 これを真摯に受け止めようとしたら、
自分自身に言い続けるしかないんですよね。




人は、
弱い。

しかし、
その弱さの中にこそ、
その人のホンモノの強みがある。

実は、
その人が強みと思っていることなど、
はるかに凌駕するほど、
弱さの中にこそ、真の強みがある。

ぜひ、体感して欲しい。

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

初詣に並んだ長蛇の列と、夢を実現した数は、比例してない。

元旦に口にした決意を、365日後も持ち続けている人は、ほぼいない。

ならば、

できていないことを前提に、生きていきたい。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ