最後の、最後の講演が、来月あります。 もう、壇上には立ちません。
2014年1月25日
カテゴリ:

【最後の、最後の講演が、来月あります。もう、壇上には立ちません。】

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




今年、
大きな決断は、、、


 『 講演・セミナー活動を一切、辞めて実業に集中する 』

  ※教育機関、大学の構内での講演・授業は引き続きやります。




これにより、
学生向けの講演以外、
一切、
辞めます。

たとえ、
前説であっても、“壇上”や“セミナー会場”に
僕が、立つことは、
まず、辞めます。



だから、、、

半年前から決まっていた
この講演が、最後の最後、本当に最後です。


 『リーダーのホンネ~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~』

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/



まだ、
残席があるみたいなので、
ぜひ、
僕の最後の勇姿を観てあげてください。笑




決めると、
人って、次の行動が生まれるんですよね。


決める人、
人って、そのためのアイデアを思いついちゃうんですよね。


だから、
僕は、、、、


 『 決めるという行為、絶対に中途半端にはやらない 』



やるなら、やる。

やらないなら、一切やらない。

やるかどうか迷ったら、決まるまで、決めたことに従う。





僕が
見ていて、、、


 【 決めたことを守らない人は、そのたびに、決める能力が劣っていく 】


ならば、
最初から、決めなければいいのに・・・



 「 痩せるぞ! 」


 「 身体を鍛えるぞ! 」


 「 英会話を始めるぞ! 」



決めたこと、
途中でやらなくなるなら、

中途半端にしないで、次の決断、、、、【辞める】という決断を
早くした方がいいと思う。



じゃないと、
すべてが、中途半端。




僕は、
“朝令暮改”というコトバが大好きです。

経営者にありがちで、
朝令暮改って、あまりいい意味でとらえられてませんが、

僕は、

朝決めたことを、
平気で、、、

夜に、辞める!と決める。


これこそが、
決断力がある人にしか、できない芸当で、

周りからしたらはた迷惑かもしれませんが、

この“朝令暮改”の能力があるかぎり、
逆に言えば、

朝決めたことを、一生涯、続ける能力も備わっていると思ってます。






人生最後とまでは言いませんが、
間違いなく、
2014年度は、一切の講演、セミナー事業を辞めます。


これ、
最後かも知れません。




~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/


ぜひ、
会場で、お逢いしましょう!!

お花とか、いらないですよ~。笑

———————————————————

今日の成功統計学:

やるなら、やろう。

やめるなら、やめると宣言しよう。

中途半端は、決める能力を弱小化させ、

中途半端は、辞める能力すら弱らせる。

決めたことはやる。

やらないなら、その時点で、勇気を持って撤退してしまえ

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ