面倒臭い。とは老いてる証拠。
2014年3月3日

【面倒臭い。とは老いてる証拠。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



最近、
確信したことがある。


 『 老いるとは? 』


年齢を重ねるという物理的なことは
逃れない。

しかし、
どんなに歳を重ねても、若々しい人もたくさんいるし、

どんなに年齢が増しても、行動量が減るどころか増える人もいる。




では、、、『 老いるとは? 』



それは、
それら、物理的なことではなく、



老いるとは、、、

 【 面 倒 臭 が る こ と が 増 え る こ と 】



面倒だから、外に行きたくない。

面倒だから、今日はなにもしたくない。

面倒だから、遠出はやめよう。

面倒だから、これで止めよう。



こういう積み重ねこそ、、、【老い】だと思う。



なので、
年齢的に、若い時から、すでに老いている人も多い。




まず、
経営者においては、、、、【勉強を面倒臭がる人は、確実に老いてしまう】


この勉強を避けだすと、
一気に、老いる。

老いた経営者は、明確な指示出しや、未来を観る能力が老いる。

勉強とは、
本を読む、人に会う、だけじゃなく、

新しいことに挑戦し、
まだ見たこともない景色を見に行き、
経験値を重ねることも、すべて、勉強である。


しかし、、、勉強は面倒臭い。

だから、だんだんと避け出してきたら、経営者は下りた方がいい。




ほかでも、、、


 翌日、御礼を言ったほうがいいのに、面倒・・・

 誤字脱字をチェックした方がいいのに、面倒・・・

 もっと調べたほうがいいのに、面倒・・・

 身体を鍛えたほうがいいのに、面倒・・・

 丁寧に説明したのうがいいのに、面倒・・・




これらの、『面倒くさい』こそが、
人間としての、【老い】といえるんじゃないだろうか。





行動は面倒臭い。


だから、
動かなくなったら、それは、間違いなく、老いじゃないだろうか。




ビジネスでも同じことを言えるけど

大事なのは、、、【一手間】じゃないだろう。


僕は、
この一手間、大事にしたい。


たとえ、海外、

たとえ、地方、

たとえ、障害があったとしても、


それが、
大事なことなら、面倒臭がらず、会いに、行動しに、見に、行きたい。



———————————————————

今日の成功統計学:

老いるとは、年齢を重ねることではなく、

老いるとは、面倒臭がることで生じる、行動の縮小じゃないだろうか。

行動が縮小されれば、世界も縮小し、エネルギーそのものが減る。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

 

情熱講演ページトップへ