人がやらないレベルで、やりぬく。
2014年3月5日

【人がやらないレベルで、やりぬく。】

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



今、
このメールは、
渋谷のとあるカフェで書いているのだが、
隣で、、、

ネットワークビジネスのお誘いミーティング中。

なんか、
すごく、気になるせいか、
会話が聞こえてくる、、、


 「 これをやるだけで、ずっと収益が入る 」


 「 これから、絶対に流行るから、今やった方がいい 」


 「 スキマ時間で、、、 」


 「 やる気がある人を1人つかまえれば、その人がどんどん売ってくれる 」




聞いていて、
思わず、笑ってしまう。


結局、何が言いたいかというと、、、、



 【 やはり、人は楽して儲けたい。そこに皆、付け込んでいるだな。と 】




ネットワークビジネスが
いいか、悪いか置いておいて、

僕は、
本当に、、、

世の中の人達って、、、みんな【楽して成果を得たい】って、マジで思う。





 成果が欲しいのに、勉強もしないで・・・


 行動もしないで、未来には変な期待を持ち・・・


 目の前の快楽に負けては、翌日、なかったことに・・・


 口では大きなことを言うけど、ちょっとうまくいかないとやめてしまう・・・




結局、
楽がしたいんだよね。みんな。




だから、
『成功したい』とは、『楽をしないこと』だと、確信している。



大事なのは、“一手間”。

この一手間が、みな、できない。



この一手間を、するか、しないか。



この瞬間、瞬間の選択によって、未来は作られる。





この世の中に、

近くの本屋に、

セミナーのタイトルに、、、


 【楽して】【瞬間的に】【誰もが】【簡単に】


という
文言が氾濫し続ける限り、

真逆の行動をすればいい。




そして、
苦労して・・・

長期的に・・・

自分だけが・・・

難しいけど・・・


やれることって、やはり、『楽しい!』と心から思えること。



楽しい!と心から思えること、

圧倒的な努力で、やりぬきたい。ずっと


———————————————————

今日の成功統計学:

どんな仕事も、圧倒的な努力をやり抜けば、

絶対に、うまくいく。

間違った努力なら、途中で変えればいい。

人がしないレベルでやるから、人が辿りつけないレベルに行けるんだよね。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ