【デザイナーの前に、ひとりの客になっているのか?】
2014年3月14日

【デザイナーの前に、ひとりの客になっているのか?】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。

 


今日、
日刊スゴい人!の取材にて、
森田恭通さんに会ってきました。


森田恭通さんといえば、
日本を代表する“インテリアデザイナー”。

しかし、
今や、ホテルのコンセプトデザインから、
大成功と言われる伊勢丹メンズ館を始め、
単なるインテリアからはみ出て活躍している

超一流人。

 

僕は、
この、、、超一流人と
定期的に会うきっかけになる、日刊スゴい人!の活動に
心から感謝してます。

 


結局、基準なんですよね。

 

甲子園に行こうと思えば、

甲子園に行くレベルの練習をすればいい。


しかし、
ほとんどの人達が、、、

口では、甲子園に行く!と言っておいて、

甲子園に行ける練習量と質の基準で、練習をやっていない。

 

 

超一流人にお会いすると、

いとも簡単に、、、、努力を語る。

 

 「いや~、ま、数百回かな。修正は。」とか、、、


 「起業当時は、あまり寝なかったよ。5時間くらいかな。週に。」とか、、、

 


みな、
当たり前すぎるくらい、基準が高い。

だから、
聞いている僕も、すごく、基準への意識が高くなる。

 


だから、
そんな超一流人に会ったあとで、、、、


 「 過去最高の売上目指します! 」とか、


 「 今までやったことないレベルで量をこなします 」とか、


簡単に口にして、
結果、、、行動の量や質を追えない人達を見てしまうと、

僕は、本気で思う。

 

 【 この基準の違いこそ、一流と二流の違い 】だと。

 


そして、
今回、森田恭通さんから、すごくすごく、すごーく大事なことを
教わった。

僕にとって、、、、衝撃だった。


それは、、、、

 

 『 デザイナーである前に、ひとりの客でしょ。

     デザインを勉強する暇あるなら、もっと遊んで、購買しまくりなよ。 』

 

これは、
僕も言い続けていたつもりだが、
こうやって、
目の前で、超一流人に、言い切られると、

今までの僕の想いの深さが、
いかに、、、浅かったか、再認識した。

 

もっと、『お客様の時の感じたこと』を大事にしなきゃ。

 

 

  良かった。

  悪かった。

  まずかった。

  うまかった。

  なんか、よかった。

  もう、行きたくない。

 


このレベルで、
お金を支払ったサービスや商品を
感じてしまっていたら、もったいないという。

 

  なぜ、良かったのか?

  もっと、良くするには?

  自分なら、どこを改善できる?

  値段をもっと高くできるか?

 


ボーっと、
生きている暇、ないわ。


———————————————————

今日の成功統計学:

必ず、24時間で何かしらのサービスや商品のお客様に

僕らはなっている。

この時の想いを大事にしたら、提供側になった時、

最高のサービスで提供できるんじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石

 

==========================================


□ 株式会社レバレッジNEWS □


■只石社長のiPhoneアプリがリリースされました!

今の会社に価値を見い出せずにくすぶっている20代へ向けた
情熱メッセージ動画のアプリです。

も~仕事イヤだ!そんな悩みを解決してくれる
(LEVERAGE.Co.,Ltd.)
キャンペーン価格700円→100円
https://appsto.re/jp/zmE0U.i


■2014年3月開催予定!
  @早稲田大学
只石社長が早稲田大学での講演!
【「情熱講演」in早稲田大学】

  詳細:http://bit.ly/1jBWapH


■2014年5月開催予定!
@明治大学
只石社長が明治大学での講演!
【「情熱講演」in明治大学】

  詳細:http://bit.ly/1a2Q1N0


■レバレッジ只石昌幸、初の電子書籍
 [Kindle版]
やりたいことの見つけ方 ~これを読み終わったら自分への期待で満たされる~
amazon Kindle
カテゴリー1位獲得!
http://amzn.to/19jPaeT


■20代の人たちに向けた、只石の描きおろし小説が完成しました!!

これから社会に出る学生さん、20代の若者たちのために
書き上げた小説です。

これから社会に出る時、
眼に見えない不安や、未経験という恐怖の中、
主人公が
“自分自身”の中に、強みを発見し、
競争ではなく、自分の追求の中に、宝物を探し出すまでの
ストーリーです。

僕自身が、
就活をしたときに悩みぬき、
せっかく内定した会社をクビになり、
その後、
ドン底を経験したからこそ、生まれた小説です。

 詳細:http://www.lev.co.jp/books/

 ※これから起業や転職を考えている方にも
  読んでほしい、僕自身が、魂で書き上げた小説と自負してます!

情熱講演ページトップへ