ずっとひとりでやっていたという傲慢さを、ひとつのコトバが消してくれた。
2014年5月23日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




 【 人 生 も ビ ジ ネ ス も チ ー ム 戦 】


最近、
このコトバが、僕の今、一番
大事なコトバになってきている。


 ずっと、ひとりでやってきた。 と勘違いしていたからこそ・・・


 自分は、ひとりでもできる。 と思い違いをしていたからこそ・・・




自分自身の生活を見てみても、

間違いなく、
生産者がいて、

間違いなく、
誰かの助けがあって

間違いなく、
価値を与えてもらえているから、


日々、生活が出来ている。



チーム戦を意識してから、
すごく、変わったことは、



 【 もっと、もっと可能性を追えるんじゃないか!という期待が生まれた 】




ビジネスをチーム戦ととらえてから、

周りの人たちのスキルや経験に目が行くようになった。




ビジネスをチーム戦ととらえてから、

社員たちの能力を引き上げる事こそが、社内の自分の役目と確信した。






人は、
なにかのコトバを信じることで、行動が生まれる。



 「ダメと思えば、ダメになる行動がうまれ、」


 「諦めたのであれば、諦めることを受け止める行動がうまれる。」





ならば、
プラスのコトバで、自分に行動を産みたい。





最大の気付きは、


 【 結局、ひとりじゃなにもできない。

     ひとりでやってきたという傲慢さが、ビジネスを小さくしていた。 】





 “ 人生もビジネスもチーム戦。 ”



僕には、
これほどまでに、至極のコトバはない。


———————————————————

今日の成功統計学:

コトバには言霊と言われるくらい魂が宿っている。

ダメだと、コトバを口から出したら、ダメな行動を助長する。

チャンス!と、コトバを口に出したら、自信を持つ行動が助長される。

うまくいかないなら、まずはコトバを変えよう。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

情熱講演ページトップへ