どれだけ努力すれば、結果が得られるか?の基準がある人、ない人。
2014年6月27日


“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。

 

今、
札幌にいます。

先週から、
福岡、札幌、と出張続きですが、
僕は、
出張、大好きです。


地元の美味しいお店で、
地元の仲間達と、
仲間たちが紹介してくれた新しい出逢いの人たちと、
過ごす、時間。

だから、
出張は、チャンスがあれば、極力行きます。笑


ただ、
今、本当に変わったのは、
平日は、、、一切、遊びはゼロになりました。

前なら、
時間があれば、町中を観光したり、

というか、
そもそも、観光する時間を余分にとって
飛行機の予約をしてましたが、

今日なんて、
せっかく、札幌にいるのに、
昨日は、朝5時まで飲んでましたけど、
なんとか、7時には起きて
ずっと、スタバにこもって、仕事してます。


今、
僕が、平日にしたいのは、


 会社の仕組みを作る。

 そのための人に会う。

 そのためのミーティングをする。

 そして、

 毎日、3時間の資格の勉強。

 

これだけで、
ほぼ、1ヶ月の予定が全て埋まってしまいます。


このほかにも、

 週に一度の空手の道場、

 ほぼ、毎日の筋トレジムワーク、

 

2014年に限っては、
とにかく、
10月までは、勉強時間を中心に、
がむしゃらにしたいです。

そして、
すべてを完了させて、10月から、海外で過ごそうかと。


そのために、
死ぬほどの努力ってやつを、10年前の起業した時を思い出しながら、
やろうかと。

 

僕の基準は、、、、


 『 高校受験において、1日15時間以上勉強を1年間は続けた。 』


 『 大学受験において、1日5時間は確実に毎日2年間は続けた。 』


 『 3ヶ月間、必死になって自己分析をしまくった就活時期 』


 『 365日、全く休まず、24時間仕事体制でやった創業期 』

 

この4つが、努力の基準です。

 

自分の中に、
努力の基準があるのは、本当に有り難いことです。

 

だから、
僕は、受験勉強や、就活などの存在は、否定したくないです。

逆に言えば、
この受験勉強などをしてこなかった人たちって、

“努力の基準がない”から、可哀想って思うほどです。

 


 【 どれだけ努力すれば結果が得られるのか? 】

 

この基準を
知っているか、知らないかでは、人生の豊かさが違うと

僕は、思う。

 

———————————————————

今日の成功統計学:

試験勉強は結果がすべて。

だから、結果が出なければ、結局、能力の違いじゃなく、

単に努力の違い。

ビジネスは、努力と結果は相関性がないと言われるば、

結局、結果が出るまで努力をすればいい。その努力の基準を日々高めればいい。

———————————————————

 

最後まで読んでいただき感謝いたします。

情熱講演ページトップへ