アメリカンジョークを教えてくれたお坊さんの講釈を聞いて。...
2014年5月30日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



今、
月に数回くらいですが、

朝8時にお寺に行って
座禅を組んでます。


目的は、
毎日、朝と晩に瞑想を取り入れたのですが、

せっかく、
するなら、お寺をいう空間でもできないかな~って

ネットで調べてみて
“朝禅”をやっているお寺があったので、通ってます。


この朝禅に通って、
なによりも、一番、良かったのは・・・


お坊さんのお話が、面白すぎるのです。笑

ギャグや、ジョークを入れつつ、
毎回、座禅の前に、お話をしてくれます。

ほとんど、
【哲学】的な話ですが、それが、僕には無性に楽しいのです。



例えば、先日の朝の話は、
アメリカンジョークでした。


===========

夜、街頭の下で探しものをしている男がいました。

あまりに一生懸命探している姿を見て、ある人が、、、

「何を落としたのですか?お手伝いしましょうか?」

「はい、財布を落としてしまいました。」

そして、2人で、一生懸命、その街頭の明かりの下を探してました。

すると、もうひとり、男がやってきたのです。

「何を落としたのですか?」

「はい、財布を落としてしまって、探してます。」

その男も、手伝い、3人で探していると、

今度は、老人がやってきました。

「君たちは、何を探しているんだね、そんなに必死になって。」

「はい、財布を落としてしまいました。」

すると、老人は、

「3人のオトナが、その明かりの下で探して見つからないのは、

 ここにはないんじゃないかな?

 本当に、ここに落としたのか?」


「いや、落としたのはここじゃないです。

 ただ、落とした場所は、明かりがなく探せられないので、

 明かりがあるこの街頭の下なら、見えると思って、探してました。

このコトバを聞いて、男2人は、行ってしまいました。

老人は、

「いくら私のような目が悪い年寄りでも、

 明かりがあって、見えるからといっても、

 落とした場所じゃないところを一生懸命探さない。

 たとえ、見える場所でも、落とした場所でなければ、見つかることはないからね。」


==============




僕は、
この話を聞いてから、
瞑想の時間に入ったのですが、
ずっと、
この話が気になって仕方なかったのです。



 『 僕も、同じようにそもそもない場所を探してないか? 』


 『 セミナーとかって、自分の居場所じゃない場所を探すやり方ばかり教えてないか? 』


 『 真っ暗な場所は怖いかもしれないけど、そこにあるならそこを探すしかない。 』





とにかく、
お坊さんの話は、いつも、、、答えを教えてくれないです。



 【 解釈は、人の自由。その人や、そのタイミングで解釈は変わる。 】



そして、
お坊さんは、言いました。



 『 大事なことは、“考える事”なんですよ。 』







もっと、
もっと、考えたい。

そのためには、
もっと、考えるきっかけに貪欲になろうと思いました。


———————————————————

今日の成功統計学:

考えるとは、教わることでも、

考えるとは、答えを聞くことでもない。

間違っているかもしれなくても、答えを自分なりに導くこと、

そのものが、考える事。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

ずっとひとりでやっていたという傲慢さを、ひとつのコトバが消してくれた。...
2014年5月23日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




 【 人 生 も ビ ジ ネ ス も チ ー ム 戦 】


最近、
このコトバが、僕の今、一番
大事なコトバになってきている。


 ずっと、ひとりでやってきた。 と勘違いしていたからこそ・・・


 自分は、ひとりでもできる。 と思い違いをしていたからこそ・・・




自分自身の生活を見てみても、

間違いなく、
生産者がいて、

間違いなく、
誰かの助けがあって

間違いなく、
価値を与えてもらえているから、


日々、生活が出来ている。



チーム戦を意識してから、
すごく、変わったことは、



 【 もっと、もっと可能性を追えるんじゃないか!という期待が生まれた 】




ビジネスをチーム戦ととらえてから、

周りの人たちのスキルや経験に目が行くようになった。




ビジネスをチーム戦ととらえてから、

社員たちの能力を引き上げる事こそが、社内の自分の役目と確信した。






人は、
なにかのコトバを信じることで、行動が生まれる。



 「ダメと思えば、ダメになる行動がうまれ、」


 「諦めたのであれば、諦めることを受け止める行動がうまれる。」





ならば、
プラスのコトバで、自分に行動を産みたい。





最大の気付きは、


 【 結局、ひとりじゃなにもできない。

     ひとりでやってきたという傲慢さが、ビジネスを小さくしていた。 】





 “ 人生もビジネスもチーム戦。 ”



僕には、
これほどまでに、至極のコトバはない。


———————————————————

今日の成功統計学:

コトバには言霊と言われるくらい魂が宿っている。

ダメだと、コトバを口から出したら、ダメな行動を助長する。

チャンス!と、コトバを口に出したら、自信を持つ行動が助長される。

うまくいかないなら、まずはコトバを変えよう。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

仕事を楽しむ!とは、儲けの秘訣じゃないだろうか。...
2014年5月20日

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。

 


 「本当に、仕事とは楽しむものなのか?」


サラリーマン時代、
ずっと、僕が思っていたことです。

今では、
当たり前に、、、


 『 楽しいことを追求しないと良い仕事はできない 』

 

当時、
営業をやっていたサラリーマンの僕は、
この、、、“仕事を楽しむ”という感覚が全く
わかりませんでした。


もちろん、
時として、お客様に褒められたり、
時として、仕事がうまくいって楽しい瞬間は
多々あったと思います。

が、、、


 『 結局、遊んでいたほうが楽しい。 』


という、
思考が、常にどこかにあって、
心から、仕事を楽しもうという姿勢は1ミリもなかったです。

 


では、
今、僕は仕事が100%楽しいか?と聞かれたら
答えられません。


しかし、
僕は、明確な答えがあります。

 

 『 楽しんでやらないと、最高の結果は出ない 』

 


最近、
すごく思うのが、
仕事を依頼した時に、あまりに、、、


 【 納期 】ばかり気にして、仕事をしている業者さんや担当者が

多い気がしてます。

 

 

もちろん、
納期を気にしてくれるのは、
依頼した側としては、うれしいのですが、
反面、、、


 「 納期通りにやりましたので、これで作業完了としてください 」


 「 これをもって依頼は完了として良いですよね? 」

 


とくに、
デザイン会社に多いです。


そのたびに、僕は、、「はぁ????」ってなるのですが、

彼らって、
本当に、『その仕事を楽しんでやっている』のでしょうか?

 


本当に、楽しむ。

この根底には、【誰かを喜ばす】から楽しいという感情が湧いてくる
って、僕は、信じたいです。

 


決して、
自己犠牲を、求めているわけじゃないです。

依頼主のわがままをすべて、聞け!というわけでもないです。

 

ただ、、、


 『 その仕事はなんのためにやっているのか? 』


ここを
間違っちゃダメかと。

 

 


本当に、効率良く、

本当に、儲けて、

本当に、誰もがハッピーなことって、、、

 

 【 お客様を喜ばす 】ことが、すべての答えじゃないかなって

最近、本当に思います。

 

 

結果、
デザイナーさんたちを見ても、

デザインすることが大好きで、
納品後の結果にこだわるデザイナーさんって、
納品後でも、
最大限の結果のために、どんどん提案してくれるし、

逆に、、、

そこまでこだわるか、、、と、感動すらしてしまいます。

 

 

そうなると、
その人にどうしても、仕事を依頼したくなるので、
その人ばかり、発注をすることに。

結果、
そのデザイナーさんは、営業などしなくても、
常に、仕事でいっぱいです。

 


僕は、
仕事って、楽しんだほうがいいし、

仕事って、楽しい!って言える人と仕事がしたいし、

僕自身、
仕事は、楽しい!と思えるように、日々仕事をしたい。

 


お金を目指すんじゃなく、
仕事を通じて、楽しむ!を目指して追求したほうが、
結果、
お金がやってくる。

これが、
最近の僕の、儲けの秘訣となっています。


———————————————————

今日の成功統計学:

もう、管理社会は終わったとも言える。

人を管理して、その結果、効率を求めて結果を求めても、

望みの結果は出てこない。

消費が多様化して、ライフスタイルが複雑化している今の時代こそ、

提供者側も、心を込めないと、誰の目にも止まらない。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

スキルは情熱には絶対に勝てない。...
2014年5月9日

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。

 

最近、
行き着いた僕なりの答えがある。


この気付きを得て
すべてが、つながった気がした!

 

 どうして、行動出来ない人がいるのか?

 どうして、ちょっとした困難でやめてしまうのか?

 どうして、指示命令がないと動けないのか?

 どうして、嫌ことから逃げる人生になってしまうのか?

 どうして、いつまでたっても、やりたいことができないのか?

 どうして、決めたことが続かないのか・・・

 


僕は、
これらは、”スキル”だと思ってました。


 ・ 習慣化のスキル

 ・ 未来を決めるスキル

 ・ 自ら計画して動くスキル


などなど。

 


だから、セミナーや本で学ぼうとばかりしてました。

 

でも、ふと、、、思ったのです。

 


 「 もし、スキルだとしたら、、、みんな、知っている。

     では、どうして、実現化出来る人と、いつまでも出来ない人がいるのか? 」

 

答えになってねーぞ。と、、、いう気付き。

 


たった、一言で、説明することが
出来た瞬間、
すべてが、腑に落ちました。

 

 ・ なぜ、動けるのか?

 ・ なぜ、目の前の困難を何度も乗り越えられるのか?

 ・ なぜ、達成するまでやり続けられるのか?

 

 


すべてが、たった一言で、説明できました。

 

それは・・・

 

 

 ・・

 ・・

 ・・

 


  【 “情熱”のエネルギー量 】


だと。

 

 

あまりに簡単なコトバでしたが、
僕にとっては、
大いなる気づきでした。

 

結局、、、情熱なんだ。と

 

 

この“情熱”というコトバを使えば、
すべてが説明できます。


結局、
スキルじゃないんだ。と

 


 うまくいかない人は、情熱がない。

 習慣が続かない人は、情熱量が足りなくやめてしまう。

 行動出来ない人は、情熱がない。

 すぐに動けない人は、情熱がない。

 

 

僕にとって、
こんなに簡単なことだけど、ここにすべてがある気がしたのです。

 

 

改めて、
“情熱がある”人と、一緒に仕事がしたい!と思いました。

 

 

では、
どんな人が、情熱があるか?

どんな人が、情熱を秘めているか?


それは・・・

 


 【 どんなことでも、素直になってやれる人 】

 


結局、
“素直”になるというエネルギーがない限り、
吸収も成長もない。と

 


成功者は素直。

やはり、これは真理だと確信しました。

 


———————————————————

今日の成功統計学:

スキルに目を向けている限り、スキルを集めだす。

情熱に目を向けている限り、とにかく、行動量を増やす。

スキルと行動。

間違いなく、行動には勝てない。

ゆえに、スキルは情熱には勝てない。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

お客様を喜ばすために、僕らは集まっている。...
2014年5月2日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




最近、
お客様にインタビューを始めている。


 【 もっとお客様の本当の想いを表現したくて 】


そこで
気付かされることは、多い。

もっとも
気付かされているのは・・・



 『 うまくいっている会社は、お客様のことだけ考えている。 』



本当に、
信じられないくらい、お客様のことだけ考えている。




以前、
こんな話を聞いたことがあった。

売上世界一のスーパーマーケットチェーンである
“ウオルマート”(創業者サム・ウォルトン)には、
たった、2つしか、理念はない。


ウォルマートの創業理念(ポリシー)

 1.お客様は常に正しい

 2.もしお客様が間違っていると思ったら1に戻る


結局、1個しかないんですね。笑


そして、それを証明するようなストーリーが
ウオルマートには
こんな伝説として、たくさん語り継がれてます。

=========

ある時・・・
ヨレヨレのTシャツをもったおばあさんが、
「ウオルマートさんで買ったんだけど、穴が開いてもう着られない。返品交換できないの?」

そのTシャツを見ると、
明らかに、、、数年前に売った商品で、
すでに、何度も洗濯をしている具合のTシャツ。

そのおばあさんのコトバを聞いて、店員はニッコリと・・・

「大変、失礼いたしました。では新品と交換しましょう。」

また、ひとりのファンが生まれた瞬間でした。

=========



もちろん、
こんなことをやっていたら、営業が難しいのでは?という
意見も多々あることでしょう。

でも、
ウオルマートは、こう言います。



 「お客様は正しい。仮に理不尽なクレームを言うお客様がいたとしても、

    全体の数%。ならば、その数%に時間を削がれるならば、

    きちんと対応して、それをすべてのお客様に示したほうが、

    結果、売上は増える。

    だから、我々は、常に言う。 お客様は正しい。と」




最近、
「お客様を神様扱いをすると、経営効率がすごく悪くなる」とか、

「クレーマーが多いから、対応がすごく大変」とか、よく聞く。




だから、僕は思う。



 【 では、僕らの会社ではどうするか? 】





僕は、
お客様は神様とも思ってません。

僕は、
お客様は100%正しいとも思ってません。



僕が思うのは、唯一・・・



 『  みんなで、お客様を喜ばそうぜ!  』





それだけです。

そのために、どれだけ、努力ができるか。





僕は、
人間って、シンプルに考えないと、行動が生まれないって思ってます。



難しい理念や、
難しいルールを決めても、そんなの、とっさに出てきません。





なので、
最近、一番、大事にしていること。



それこそが、



 【 お客様を喜ばすために、まず、社員たちを喜ばす 】




誰かの犠牲に、
お客様の喜びがあるって、ちょっとおかしいと思う。


———————————————————

今日の成功統計学:

これから、圧倒的に労働人口が減る。

この時、労働力が、選択をし始める。

「どの会社で、働こうか?」

この時、社員たちに選択してもらえる会社作りを、

その時代に慌ててするんじゃなく、今しよう。

———————————————————


最後まで読んでいただき感謝いたします。

情熱講演ページトップへ