起業したい人が起業できないでいる理由。...
2014年2月19日
カテゴリ:

【起業したい人が起業できないでいる理由。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




 「私も、起業がしたいんです!」


僕が、
起業して10年、一番、言われたコトバかもしれません。

レバレッジでは、
Blogブランディングをサービスにやるようになった時代から、
起業支援をやってきたからこそ、
たくさんの、、、『起業がしたい』という声を聞けました。



はっきりいいます。


起業は簡単です。


30万円を用意して、
法務局に、登記申請をするだけなので。




では、

どうして、
『起業したい!』という人が、起業出来ないかというと、、、



 願望が足りないから?

 勇気がないから?

 家族がいるから?



いや、
僕は、単に、、、



 【 ビジネスモデルに自信が持てないから 】



と、
思います。



起業家って、変な自信が、奥底に必ずあるんですよね。

自分への自信もそうだけど、
それ以上に、、、、【これからやろうとしているビジネス】に対しての自信。





この、
“ビジネスモデル”に自信が持てれば、
逆に、、、
居てもたっても居られなくなり、勝手に、独立しちゃいますよ。



僕の場合は、
10年前に、たまたま、WEB制作で、当たって、
たくさんの人を紹介頂けて、気づいたら起業してました。

これも、
ひとつの、ビジネスモデルが当たったケースかと。





今の社会って、
なぜか、、


 【 起業=マインド 】


 【 成功=想い 】


って、
あるけど、そもそも論、、、、


起業って、

 『 不便・不満を感じたけど、それを解決するものがないから、自分がやる 』


っていう
【明確な行為】から生まれていたはずなのに、


いつしか、
起業が成功達成のツールになり、

起業家マインドという、よくわからない精神論と重なって、
わけわかんない方向に行っている気がしてなりません。




起業家マインドを養うのもいいけど、
それ以上に、、、



 【 何 の 役 に 立 つ の ? 】



という、
もっと、企業が存在しゆる、根底の意味合いを
大事にすべきじゃないだろうか?





 起業したい。

 成功したい。

 自由になりたい。

 サラリーマンで有りたくない。



すべて、、、、自己都合じゃないかな。



それを満たすために、
社会を利用しようとするから、
いつまでたっても、起業に結びつかないかと。





 不便 → 解決したい

 不満 → ほかのやリ方を提案したい

 社会をもっと良く



これを
感じて、既存の組織じゃ叶えられないから、
起業という選択肢になることこそが、起業の本来の意味合いかと。





今、
当社では、サービス、ビジネスの根底に立ち戻り、、、


 【 す べ て は 、 お 客 様 の た め 】


このことを
真摯に向き合おうとしてます。




 金儲け。

 競合対策。

 市場調査。


すべて、自分たちのためなんですよね。

それじゃ、
世の中に、サービスを残せない。






ビジネスの根本に戻ってみませんか?


———————————————————

今日の成功統計学:

みんな、世の中を良くしたい。

みんな、少しでも目の前の人を良くしたい。

だから、働くんじゃないだろうか。

この気持ちこそ、当たり前だけど、

この気持ちこそが、すべてじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

自分のことばかり考えているって言う人って、実は、、、...
2014年2月19日
カテゴリ:

【自分のことばかり考えているって言う人って、実は、、、】


“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




僕は、
サラリーマン時代、、、

自分のことばっかり考えていた“と思っていた”。


僕は、
無職になっても、、、

自分のことしか何がえる余裕が無い“と思っていた”。



しかし、
最近、ふと思った。



 『 そんなに自分のことばかり考えているのに、

      いっこうに、幸せになる人が少ないのだろうか? 』




本当に、
自分ことを考えたら、

多少我慢してでも、
年収を上げたり、

たとえ辛くても、
望んでいる人生を手に入れようとする。



ダイエットだって、
本当に、自分のことを考えたら、
痩せるまで、なにかしらがんばるんじゃないだろうか。




 【 自 分 の こ と ば か り 考 え て い る 】




本当に、、、
こういう人達って、、、自分のことを考えているのだろうか?




世間は、
自分のことばかり考えるな、
他人のこと、
目の前の人のこと、
社会への貢献、世の中のことを
考えなさい!

というけれど、、、


そもそも、、、自分のことばかり考えているって言っている人って、
本当に、、、自分のこと、真剣に考えているのだろうか?





 「 僕は、自分のことばかり考えていたのかもしれません。 」



もし、
そういうことを口にする人がいたら、
その人って、本当に、自分のことを真剣に考えているのだろうか?




本当に、自分のことを考えていたら、

もっと、
未来の為に、今日、努力するはずだし、

もっと、
自分の人生を良くするためなら、なんでもするんじゃないだろうか。





要するに、、、、



 『 少しでも、楽して、結果を得たい。 』



ただ、
それだけじゃないだろうか。





自分のことを本気で考えるなら、
10年後、5年後、せめて1年後の自分のことを真剣に考えて、
今日、
行動してみたらどうだろうか。


そうじゃないと、
大好きな『自分』が、将来、大好きじゃなくなっちゃうかもしれない。




僕は、
自分のためで、人は頑張っていいと思う。

その結果、
誰かを幸せにすることが、究極の自分のためって気づくだろうから。




まずは、
自分の未来の為に、頑張ってみませんか?



今日、
刹那的な結果を望むと、、、

結局、『何もしない“楽”という結果』を望むのが、オチだと思う。


———————————————————

今日の成功統計学:

人は、結局、楽して結果が欲しい。

人は、結局、楽して未来を望んでいる。

しかし、そうじゃないことに気づいた人から、

今日、行動がうまれる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

iPhoneで僕のアプリが発売されました!...
2014年2月7日
カテゴリ:

【iPhoneで僕のアプリが発売されました!】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




実は、、、
こっそりと、iPhone用の“アプリ”をリリースしました。



 『 動画でアドバイス 』


おそらく、
僕の才能って、ある意味、、、、常識がないところ。笑

これが、
出版会社の目に止まって、



 「只石さんの講演の時のアツさのまま、質問に答えてくれないかな?」



講演とおなじテンションで、、、?



ということで、
僕の『動画アプリ』が、リリースされました。


お持ちのiPhoneのApple Store(APPストア)にて
『 只石 』と検索されれば、見つかります。


こちらからも可能です。
https://appsto.re/jp/zmE0U.i




これが、最後。

そう、
これが、『只石』という名称で世の中に出す
商品として、最後です。


本も、
いまのところは、予定はないです。



僕は、
ここまで、言い切らないと、、、


 ちょっと、声をかけてもらったときに、

 ちょっと、チャンスが見えちゃったりしたら、

 ちょっと、自分がブレたら、、、


決めたことを、
平気で、破ってしまうのです。



僕は、
いろいろな人と出会い、
いろいろな人を見て、如実に感じてしまうのは、


 『 決めたことを守れない人で、うまくいっている人はいないという事実 』


これが、
確実に、見えてます。





だからこそ、
どんな些細ないことも、守り通したいのです。



自分との約束。


やることも、やらないことも。





 『 自分の中に、可能性を感じたいですか? 』


これに、
もし、悩まれたり、
もし、打開策など求めているようであれば、
ぜひ、
iPhone専用となってしまいますが、アプリをダウンロードしてみてください。



———————————————————

今日の成功統計学:

他人との約束も大事。

しかし、

誰の制約もない“自分との約束”を守ることこそ、

真の自分の力を試される。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

大きな挑戦、小さな挑戦。...
2014年2月6日
カテゴリ:

【大きな挑戦、小さな挑戦。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




僕は、
12年前に、、、、

パソコンに出会い、
ネットとつながり、

始めて、
見る側から、提供者側になったとき、

気づいた時には、
それが、仕事になっていた。



これを、“挑戦”と言えるのだろうか?

振り返って、
誰かが、僕の人生を説明してくれたら、挑戦と
位置付けてくれるかもしれない。


しかし、
あの当時の僕にとって、挑戦でも何でもなく、、、、


 『 目の前にチャンスがあったから、とにかくやってみた 』



挑戦というコトバって、
間違って捉えちゃうと、

目の前のことを無視して、
未来ばかり観ることになってしまう気がする。



挑戦とは
僕は、“目の前にある、やったことないことをやる”ことこそ、
未来を形作る挑戦になるんじゃないかな。




 トライアスロンに挑戦する。


 空手に挑戦する。


 講演に挑戦する。



すべて、
決めて、挑戦したんじゃなく、

ただ、、、

目の前の人がやっていて、
目の前の人から紹介され、
目の前の人が声をかけてくれたから、


やる!と、決められた気がします。





僕は、
最近、本当に、、、


 『 目の前のことを、どれだけ真剣にやるのか? 』


 『 今日、どれだけ本気で生きるのか? 』




未来を観るのも大事だけど、

やはり、
【この瞬間】の連続の先に、未来があると思います。





今、
僕は、とにかく
講演をすべてやめて、初心に戻り、
WEBの世界に、また、身をどっぷり投じようかと。



だから、
『今日、何するか?』が、はっきりする。

そして、
今日、どれだけ、決めたことを真剣にやり切るか。





これが、
僕の今年の挑戦です。




 「いつか、やろう!」


これを、
百万回、唱えるなら、



やったこと、
行ったことないお店、
会ったことない人、

それらを、
『今日』やるほうが、よっぽど、挑戦なんじゃないかな。




やったことないことをしよう!

今までやっていたことを違ったやり方でやってみよう!


そのためには、
もっと、もっと、考え抜こう!



———————————————————

今日の成功統計学:

挑戦を大きなモノにしてしまうと、いつまでも動けないでいる。

挑戦を小さなモノにするんじゃなく、

大きな挑戦を小さく分断して、逆算して行動を決めたら、

あとは、それに従い、やり続ければ、大きな挑戦がいつか叶う。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

最後の、最後の講演が、来月あります。 もう、壇上には立ちません。...
2014年1月25日
カテゴリ:

【最後の、最後の講演が、来月あります。もう、壇上には立ちません。】

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




今年、
大きな決断は、、、


 『 講演・セミナー活動を一切、辞めて実業に集中する 』

  ※教育機関、大学の構内での講演・授業は引き続きやります。




これにより、
学生向けの講演以外、
一切、
辞めます。

たとえ、
前説であっても、“壇上”や“セミナー会場”に
僕が、立つことは、
まず、辞めます。



だから、、、

半年前から決まっていた
この講演が、最後の最後、本当に最後です。


 『リーダーのホンネ~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~』

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/



まだ、
残席があるみたいなので、
ぜひ、
僕の最後の勇姿を観てあげてください。笑




決めると、
人って、次の行動が生まれるんですよね。


決める人、
人って、そのためのアイデアを思いついちゃうんですよね。


だから、
僕は、、、、


 『 決めるという行為、絶対に中途半端にはやらない 』



やるなら、やる。

やらないなら、一切やらない。

やるかどうか迷ったら、決まるまで、決めたことに従う。





僕が
見ていて、、、


 【 決めたことを守らない人は、そのたびに、決める能力が劣っていく 】


ならば、
最初から、決めなければいいのに・・・



 「 痩せるぞ! 」


 「 身体を鍛えるぞ! 」


 「 英会話を始めるぞ! 」



決めたこと、
途中でやらなくなるなら、

中途半端にしないで、次の決断、、、、【辞める】という決断を
早くした方がいいと思う。



じゃないと、
すべてが、中途半端。




僕は、
“朝令暮改”というコトバが大好きです。

経営者にありがちで、
朝令暮改って、あまりいい意味でとらえられてませんが、

僕は、

朝決めたことを、
平気で、、、

夜に、辞める!と決める。


これこそが、
決断力がある人にしか、できない芸当で、

周りからしたらはた迷惑かもしれませんが、

この“朝令暮改”の能力があるかぎり、
逆に言えば、

朝決めたことを、一生涯、続ける能力も備わっていると思ってます。






人生最後とまでは言いませんが、
間違いなく、
2014年度は、一切の講演、セミナー事業を辞めます。


これ、
最後かも知れません。




~3人のカリスマが贈る秘密のメッセージ~

    http://jyounetsu.tv/schedule/2014/02/04/2177/


ぜひ、
会場で、お逢いしましょう!!

お花とか、いらないですよ~。笑

———————————————————

今日の成功統計学:

やるなら、やろう。

やめるなら、やめると宣言しよう。

中途半端は、決める能力を弱小化させ、

中途半端は、辞める能力すら弱らせる。

決めたことはやる。

やらないなら、その時点で、勇気を持って撤退してしまえ

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ