起業して10年目、大きな、大きな決断をしました。...
2014年1月22日
カテゴリ:

【起業して10年目、大きな、大きな決断をしました。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




3年前、
1つの選択を決めた。

決めるのに、相当悩み抜いた。

誰に相談しても、結局、最後は自分で決めないといけないことに
気づいた時、
怖くて、怖くて仕方なかった。

しかし、
次に進むためには、選択をしたほうがいいことだけは
わかっていた。

そして、最後には、自分で決断をした。


 『 当時、一番儲かっている事業を辞める 』と。


辞めると決めたら、
徐々にフェードアウトという選択がいやだった。

なので、
いきなり、辞めた。

社員には、


「 今日を持って辞める。 」と。


商談中のお客様も、
丁重にお断りした。

受注したら、お金が入ってくることはわかっていたけど、
それが、すごく決断を弱くするようで、それをしてしまうのが怖かった。



周りからは
すごく言われた。



 「どうして、いきなり、儲かっている事業をやめてしまうの?」


 「もったいなくないですか?」


 「せっかく、業界で1番なのに・・・」




でも、僕には、
僕にしか見えなかったかもしれないけど、
その業界の未来に、なにも可能性が見えなかった。
それどころか、
全く、違う方向にばかり進む業界をメイン事業にし続ける恐怖すら感じていた。




これこそが、
ブログのコンサルティングを辞めた時に、
僕の心境だった。


弊社が、
一切のアメブロブランディングを辞めた半年後から、
アメブロの商用利用のブログが、サイバーエージェントに
消される自体が発生し始めた。

ブログ=個人の日記・社会への意見を投稿する場所

そこをサイバーエージェントが目指し始めたのだ。



僕は、
僕自身、決して、未来が読める優秀な経営者とか、
ましてや、預言者とは思ってない。



ただ・・・自分の中に、違和感を感じたから、辞めた。

ただ、それだけだった。





2014年、1月。

僕は、決断しました。



 『 今後、大学構内での講演を除くすべてのセミナーを辞める 』




2013年は、ほぼ、毎週やっていた講演やセミナー。

ほぼ、
ほとんどのエネルギーを注いたこのビジネスを、今月、閉じます。




なぜか?




 『セミナーに違和感を感じたから』




結局、
僕自身を、大きく見せ
僕自身の自己承認欲求を、満たしたかったんだじゃないかな。




起業して、10年目。

2回めの決断を自分でしてみた。



僕は、
ある意味、幸運だと思う。

決断をしたら、
Facebook、メルマガなど、アウトプットする場所がある。

だから、
先にアウトプットしてしまえば、後戻りができない。笑



中途半端からは、何も生まれない。



僕は、
今後、すべてのエネルギーを『WEBマーケティング』に投下したい。


死ぬほど考えて、

死ぬほどアイデアを絞り出して、

死ぬほど改善を図ってみたい。



結局、
10年前の起業の時、やっていたことに立ち戻った。



たったひとりで、、、

人脈なんて気にせず、

自己啓発なんて一切せずに、

神社仏閣すら気にすることなく、



ストイックに、目の前のチャンスを追い続けていたあの頃。




結局、
人は、自分が心地いい場所、わかっている気がする。

去年は、
ずっと、どこかで、居心地が悪かったんじゃないかな。

うすうす気づいていたけど、
あえて、気付かないフリしていたんじゃないかな。




死ぬほど、
考えぬくために、新しく、オフィスを借りた。

小さくて、古くて、
マンションの一室のオフィス。




ライバルは、
今日までの10年間の自分。

ある意味、負ける気、しねー。笑






僕は、やります。

やったります。



答えなど、そもそもなかったんじゃないかな。

ここ数年、、、意味ない答え探し、正解探しにばかり

時間を割いていたかもしれない。





もし・・・

今の僕が、誰からか、

「どうしたら、成功できますか?」って聞かれたら、

迷わず、こう答えたい。





 「好きにすりゃー、いいじゃん。

    何が好きかわからない?ならば、好きなコト探しているフリしてねーで、

    目の前のできること、必死になってみたら?」




まずは、
必死になってみます!



———————————————————

今日の成功統計学:

人は、変化を先延ばししている。

そして、環境の変化に結局、順応できずに、もがいてしまう。

ならば、

まだ、追い詰められてない状態で、先に変化したほうがいい。

自ら決断して生きる人生こそ、生きている!と感じる人生なんじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石

考えぬくとは、問いかけの回数と量。...
2014年1月8日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

新年
あけましておめでとうございます。

本年も
よろしくお願いします!



2014年、
最初の配信です。

今日は、1月7日。
今年、7日目。
実は、もう今日で2014年の約2%は、
完了してしまっているのです。



そうやって考えると、
1日、1日が掛け替えのないものに僕は感じます。

大晦日や、元旦だけ、
やたら、目標や、
やたら、抱負を口にして、

気づいたら、1ヶ月過ぎて、
気づいたら、、、あっという間に、年末。



常に、
元旦のつもりで、
2014年は、すべてを決めて、走り続けたいです。

今年の
僕のテーマは、


 『 決 断 し て 、 考 え ぬ く 。 』



ただ、
未来を決めるだけではなく、

その決めた未来に
どう近づくか?
なぜ近づいて行ってないのか?
どうしたら効率化を図れるか?

考え抜きたいです。




考えて、
考えて、
それでもさらに、考えて、

そして、実行する。




すべては、行動のために。




本を読んだり、
セミナーに言ったり、
人の話を聞くのも大事。

しかし、
その後、実際に、自分の世界の中で
行動を起こすために、
“何をするのか?”を考えぬくことが、すごく大事ということに
やっと、
去年、気づいたのです。



感覚や、直感ばかりに頼りすぎてました。



今年は、
人に聞くのも大事だけど、
まずは、
自分のアタマを使って、考えぬいてみたいです。



今年から、
自宅とは別に、2つもオフィスを拡大し、

今年から、
毎月のように社員が増えている。



そうなると、
“勘”だけでは、経営が機能しなくなることに
やっと、気づきました。




今、
あまり告知もしてないですが、
シークレット食事会という勉強会をやってます。

1月開催告知
http://jyounetsu.tv/toikake201401/

2月開催予定
http://jyounetsu.tv/toikake201402/



ここでやっていることは、
とにかく、、、参加者たちに、『問いかけ』をしまくるということ。


問いかけ、質問、疑問を
ぶつければ、ぶつけるほど、
アイデアが湧いてくるのです。


要するに、、、
いかに、
人は、普段、考えずに行動しているのかがわかります。



だから、
僕は、
自分自身への問いかけの時間を大事にするようになりました。




世の中的には、
『好きなことを仕事に!』と言われてますが、
僕は、
この危険性をすごく感じてます。

僕なら、
好きなことも大事だけど、“得意なスキルを使ってまずは収益化”を
まっさきに、やりたいです。

収益化して、仕組み化して、
そこから、
好きなことをその中から見つけたほうが絶対に
効率的と思います。



好きなことを追っている間に、
チャンスが去ってしまいます。


好きなことをイメージするなら、
僕は、
考えぬいて、ニッチなビジネスと自分のリソースを組み合わせて
収益化したいです。


考えて、考えて、それでもさらに考えて、その先の考えぬいた先に・・・

目の前のチャンスを生かすきっかけがあるのです。




人生のチャンス、
考えぬくことで、まずは明確に目の前に作り上げてみませんか?

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

問いかけの回数と、年収は比例する。

問いかけの量と、成功の確率は比例する。

考えぬいた先にこそ、未来が見えてくる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

学生たちの情熱がハンパない!...
2013年2月12日
カテゴリ:

大阪での 二連チャンでの講演を終えてきました。

 

2つとも、 学生たちが企画した内容でした。

 

1000人規模

100人規模。

 

どっちも、

本当に、細部まで創りこまれてました。

これって、

オトナでもできるのか??ってレベル。

 

彼らには、

“学生なんだから、、、”っていう言い訳は一切ないんでしょうね。

 

企画責任者からは、

当日、

めっちゃ、心の籠った手書きの手紙まで。

 

イベントのパンフも、

もはや、プロレベル。

 

学生って、情熱エネルギーの塊。

 

だから、俺は好きなんだろうね。

情熱講演 in 大阪

 

2013-02-11 12-48-16 Image

 

2013-02-11 12-48-29 Image

 

2013-02-11 12-49-36 Image

 

講演

 

 

講演では、“自分の感情”をメモして欲しい。...
2013年1月16日
カテゴリ:

講演やセミナー、、、

 

少なくとも、僕の講演では

 

いつも言っているように、

メモなんて辞めて、心で聴いて欲しい。

 

みんな、頭で聞いている。

頭で聞いたことは頭でしか理解できず、

頭でしか再現できない。

頭で再現した結果、知識やノウハウのオンパレード。

 

心で、

自分の感情、自分の思考、自分の想いを、

講演を聞きながら、キャッチしてほしいな。

 

そして、

どうせ、メモをするなら、それこそ、メモをしようよ。

 

これが、

アナタにしか、書けないメモ術。

アナタにしか書けないメモだからこそ、明日からの

アナタの人生に役立つんじゃないかな。

情熱講演的なメモの取り方。

今日、情熱講演WEBサービスをリリースします!...
2012年12月10日
カテゴリ:

2012年12月10日、

本日、
僕は、
自分の講演をメインとした

“情熱講演”におけるWEBサービスをリリースします。

もともと、
僕は、
約10年前に、起業しました。

「10年生き残れるベンチャーは100社中、たった3社」

この3社には
入れました。


しかし、
僕のオヤジ、お袋の両方の祖父は、
10年以上、経営者として
会社経営を続けてましたが、
僕が、
小学生の時、
両方の会社ともに、倒産しました。

僕の記憶には、
ショックで、半身不随になったおじいちゃんと、
消息がどうなったかわからないおじいちゃん、

この記憶しかなかったです。


只石家の家訓は、

 『 絶対に、起業しないこと。 』

 『 仕事とは我慢するもの。給料は我慢料。 』



だから、
僕が、
キーエンスという一流企業とも言える
大会社を辞めたとき、
猛烈に、怒れました。


それを
振りきって、独立!!  したつもりでした、、、、



しかし、
なにをやっても上手くいかなかった。

興味があれば、
すぐにとびつき、
一生懸命、本人としてはやっているつもりでも
すべて、ダメでした。



サラリーマン時代、営業としてビリ・・・

ホストをやっても、全く売れず・・・

再就職しようとしても、70社ほぼ落ち続け・・・

やっと受かった会社も、試用期間の3ヶ月後にクビ・・・

就職を諦め、自営業をやろうとしてもなにもうまくいかず・・・


すべてを失った。





自分を呪いました。

自分の脳力の低さを憂いました。





しかし、
当時の僕は、まったく気づいてなかったのです。




 【 湧き上がる情熱エネルギーこそが、未来を創造する 】と。



全く、
情熱がなかったのです。




その会社に入れさえすれば、あとは、会社が何とかしてくれる・・・

ホストという世界にいるだけで、あとは、お客さんがワンサカ来てくれる・・・

朝から晩まで、嫌な仕事だけど我慢さえすれば、自由がいつか手に入る・・・





結局、
僕のダメだった時代は、すべて

“依存状態”でした。



しかし、
今の僕は、真逆です。



好きなことをやり、

やりたい!というエネルギーで動き、

大好きな人と組んで仕事をする日々。




人は、変われる。

人は、気づいた瞬間、変わる。



すべての人の中に、
無限のエネルギーが秘めている。


情熱という名の、無限エネルギーだ。




これを
解き放つのが、情熱講演。

講演というよりは、パフォーマンス。




僕は、表現し続けたい。



 「情熱さえあれば、何でもできる。」



外に答えはないんだよ。

すべて、

自分の中にある。


さあ、呼び起こそうか!!




 LEVERAGE 只石

情熱講演ページトップへ