情熱講演~日本一、自分自身の可能性に気づける講演

情熱講演HP

起業家の健康維持にストレッチ!情熱講演
ストレッチナビのポータルサイトはこちらをクリック


今までの大学・教育機関での実績

只石社長への人生相談

情熱講演の理念!

情熱の継続化

~気づいて即行動、そしてやり続ける情熱~

直近で公開される情熱講演一覧


上記以外の講演スケジュールはこちら!



只石社長への人生相談

詳細はこちら

人がやらないレベルで、やりぬく。...
2014年3月5日

【人がやらないレベルで、やりぬく。】

“出る杭をつくる会社”

株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



今、
このメールは、
渋谷のとあるカフェで書いているのだが、
隣で、、、

ネットワークビジネスのお誘いミーティング中。

なんか、
すごく、気になるせいか、
会話が聞こえてくる、、、


 「 これをやるだけで、ずっと収益が入る 」


 「 これから、絶対に流行るから、今やった方がいい 」


 「 スキマ時間で、、、 」


 「 やる気がある人を1人つかまえれば、その人がどんどん売ってくれる 」




聞いていて、
思わず、笑ってしまう。


結局、何が言いたいかというと、、、、



 【 やはり、人は楽して儲けたい。そこに皆、付け込んでいるだな。と 】




ネットワークビジネスが
いいか、悪いか置いておいて、

僕は、
本当に、、、

世の中の人達って、、、みんな【楽して成果を得たい】って、マジで思う。





 成果が欲しいのに、勉強もしないで・・・


 行動もしないで、未来には変な期待を持ち・・・


 目の前の快楽に負けては、翌日、なかったことに・・・


 口では大きなことを言うけど、ちょっとうまくいかないとやめてしまう・・・




結局、
楽がしたいんだよね。みんな。




だから、
『成功したい』とは、『楽をしないこと』だと、確信している。



大事なのは、“一手間”。

この一手間が、みな、できない。



この一手間を、するか、しないか。



この瞬間、瞬間の選択によって、未来は作られる。





この世の中に、

近くの本屋に、

セミナーのタイトルに、、、


 【楽して】【瞬間的に】【誰もが】【簡単に】


という
文言が氾濫し続ける限り、

真逆の行動をすればいい。




そして、
苦労して・・・

長期的に・・・

自分だけが・・・

難しいけど・・・


やれることって、やはり、『楽しい!』と心から思えること。



楽しい!と心から思えること、

圧倒的な努力で、やりぬきたい。ずっと


———————————————————

今日の成功統計学:

どんな仕事も、圧倒的な努力をやり抜けば、

絶対に、うまくいく。

間違った努力なら、途中で変えればいい。

人がしないレベルでやるから、人が辿りつけないレベルに行けるんだよね。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

面倒臭い。とは老いてる証拠。...
2014年3月3日

【面倒臭い。とは老いてる証拠。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。



最近、
確信したことがある。


 『 老いるとは? 』


年齢を重ねるという物理的なことは
逃れない。

しかし、
どんなに歳を重ねても、若々しい人もたくさんいるし、

どんなに年齢が増しても、行動量が減るどころか増える人もいる。




では、、、『 老いるとは? 』



それは、
それら、物理的なことではなく、



老いるとは、、、

 【 面 倒 臭 が る こ と が 増 え る こ と 】



面倒だから、外に行きたくない。

面倒だから、今日はなにもしたくない。

面倒だから、遠出はやめよう。

面倒だから、これで止めよう。



こういう積み重ねこそ、、、【老い】だと思う。



なので、
年齢的に、若い時から、すでに老いている人も多い。




まず、
経営者においては、、、、【勉強を面倒臭がる人は、確実に老いてしまう】


この勉強を避けだすと、
一気に、老いる。

老いた経営者は、明確な指示出しや、未来を観る能力が老いる。

勉強とは、
本を読む、人に会う、だけじゃなく、

新しいことに挑戦し、
まだ見たこともない景色を見に行き、
経験値を重ねることも、すべて、勉強である。


しかし、、、勉強は面倒臭い。

だから、だんだんと避け出してきたら、経営者は下りた方がいい。




ほかでも、、、


 翌日、御礼を言ったほうがいいのに、面倒・・・

 誤字脱字をチェックした方がいいのに、面倒・・・

 もっと調べたほうがいいのに、面倒・・・

 身体を鍛えたほうがいいのに、面倒・・・

 丁寧に説明したのうがいいのに、面倒・・・




これらの、『面倒くさい』こそが、
人間としての、【老い】といえるんじゃないだろうか。





行動は面倒臭い。


だから、
動かなくなったら、それは、間違いなく、老いじゃないだろうか。




ビジネスでも同じことを言えるけど

大事なのは、、、【一手間】じゃないだろう。


僕は、
この一手間、大事にしたい。


たとえ、海外、

たとえ、地方、

たとえ、障害があったとしても、


それが、
大事なことなら、面倒臭がらず、会いに、行動しに、見に、行きたい。



———————————————————

今日の成功統計学:

老いるとは、年齢を重ねることではなく、

老いるとは、面倒臭がることで生じる、行動の縮小じゃないだろうか。

行動が縮小されれば、世界も縮小し、エネルギーそのものが減る。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

 

あなたのビジネスは、一体、何を売っているのですか?...
2014年2月26日
カテゴリ:

【あなたのビジネスは、一体、何を売っているのですか?】

 

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。

 

 『 ドリルを売る?か、穴を売るか? 』

 

ドリルは、
穴を開ける機械。

しかし、
ユーザーは、決して、ドリルが欲しいから買うんじゃなく、

“穴を開けたくて”、ドリルを買う。

 

ある日、
このことの偉大さに、気づけた。

 

もし、
ドリルを売ろうとしていたら、
カッコいいデザインにして、
持ちやすさや、
機能的な付加価値を足すだろう。

 

しかし、、、

ユーザーが欲しいのは、“穴”なのである。

 

もし、
穴を売ろうとしたら、、、

もしかして、
ドリルなんて買っても、次に使う機会があるかどうか
なんて、わからないから、
レンタルを提案したり、
作業員に来てもらって、穴だけ開けることも可能だろう。

 


僕は、
サービスの本質、
ビジネスの本質って、、、


 『 これは、お客様の何を解決するモノなのか? 』


この見極めだと思う。

 


僕は、
10年前、
一回も創ったこともないのに、
ホームページの制作依頼をもらい、

 「せっかく、僕に依頼してくれたんだから、僕にしか創れないモノを提供したい」

と、
既存のホームページの問題点を
僕なりに、徹底的に向き合ってみた。

そして、
僕が行き着いた仮説が、、、、

 『 電話番号が書いてないホームページでモノを買うのが怖い 』


10年前は、
ホームページって、
すべてをインターネット上で解決させようと、
電話で問合せをさせるんじゃなく、
メールでの問合せを促すお店ばかりだった。


僕は、、、

メールで問合せをすると、
待っていることにイライラしたし、

本当に、メール見ているの?って不安になったし、

僕は、
メールでなんて、問合せをしてなかった。

 

だから、
その思いを、創り手側になったときに、
『電話をしてもらう』というゴール設定を設けて、
それを促すコンテンツにした。

 


これが、当たった。

 


 『 とにかく、ユーザーは楽して情報を得たい。 』


これが、
僕の中での、インターネットにおける“本質”的な思考。

 


楽して得たい人に、
あーだ、こーだ、説明文を長くしても読まないし、

楽して得たい人に、
興味を持って貰う前に、難しく説明しても楽とは思ってくれない。

 

 

ビジネスにおいて、
“本質”から逸脱すると、成功する確率は格段に低くなってしまう。

 

もし、
ディズニーランドが、、、

 『 アトラクションの楽しさ 』で売っていたら、


富士急ハイランドも、

としまえんも、

たくさんの遊園地が、競合となっていたことだろう。


ディズニーランドの本質は、、、、

 『 夢の国 』なのである。

これによって、
唯一無二の存在に成し得ているし、

これからの方向性も、
ブレることはなくなるだろう。

 

 

今の
僕の課題は、


 『 WEBとリアルの融合 』


これを最大化しようとしたら、、、、


 WEB = その分野に興味を持った人が一番集まる場所にする


 リアル = また、使いたいというサービスにする


この相乗効果で、
無限大の効果を上げると、信じている。

 


まずは、
小さくて、ニッチな業界で、WEB日本一を取る。

この日本一をもって、
その業界でリアルビジネスをやる。

 

さあ、
日本一の威力を、まずは体感しようか!


———————————————————

今日の成功統計学:

ビジネスの本質を見極めるだけで、競合は一気に減る。

今のビジネスに迷いがあるのは、本質を見極めてないから。

一体、何を売っているのか? もう一度、追求してみよう

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。

 

 

【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石

 

 

==========================================

起業したい人が起業できないでいる理由。...
2014年2月19日
カテゴリ:

【起業したい人が起業できないでいる理由。】

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




 「私も、起業がしたいんです!」


僕が、
起業して10年、一番、言われたコトバかもしれません。

レバレッジでは、
Blogブランディングをサービスにやるようになった時代から、
起業支援をやってきたからこそ、
たくさんの、、、『起業がしたい』という声を聞けました。



はっきりいいます。


起業は簡単です。


30万円を用意して、
法務局に、登記申請をするだけなので。




では、

どうして、
『起業したい!』という人が、起業出来ないかというと、、、



 願望が足りないから?

 勇気がないから?

 家族がいるから?



いや、
僕は、単に、、、



 【 ビジネスモデルに自信が持てないから 】



と、
思います。



起業家って、変な自信が、奥底に必ずあるんですよね。

自分への自信もそうだけど、
それ以上に、、、、【これからやろうとしているビジネス】に対しての自信。





この、
“ビジネスモデル”に自信が持てれば、
逆に、、、
居てもたっても居られなくなり、勝手に、独立しちゃいますよ。



僕の場合は、
10年前に、たまたま、WEB制作で、当たって、
たくさんの人を紹介頂けて、気づいたら起業してました。

これも、
ひとつの、ビジネスモデルが当たったケースかと。





今の社会って、
なぜか、、


 【 起業=マインド 】


 【 成功=想い 】


って、
あるけど、そもそも論、、、、


起業って、

 『 不便・不満を感じたけど、それを解決するものがないから、自分がやる 』


っていう
【明確な行為】から生まれていたはずなのに、


いつしか、
起業が成功達成のツールになり、

起業家マインドという、よくわからない精神論と重なって、
わけわかんない方向に行っている気がしてなりません。




起業家マインドを養うのもいいけど、
それ以上に、、、



 【 何 の 役 に 立 つ の ? 】



という、
もっと、企業が存在しゆる、根底の意味合いを
大事にすべきじゃないだろうか?





 起業したい。

 成功したい。

 自由になりたい。

 サラリーマンで有りたくない。



すべて、、、、自己都合じゃないかな。



それを満たすために、
社会を利用しようとするから、
いつまでたっても、起業に結びつかないかと。





 不便 → 解決したい

 不満 → ほかのやリ方を提案したい

 社会をもっと良く



これを
感じて、既存の組織じゃ叶えられないから、
起業という選択肢になることこそが、起業の本来の意味合いかと。





今、
当社では、サービス、ビジネスの根底に立ち戻り、、、


 【 す べ て は 、 お 客 様 の た め 】


このことを
真摯に向き合おうとしてます。




 金儲け。

 競合対策。

 市場調査。


すべて、自分たちのためなんですよね。

それじゃ、
世の中に、サービスを残せない。






ビジネスの根本に戻ってみませんか?


———————————————————

今日の成功統計学:

みんな、世の中を良くしたい。

みんな、少しでも目の前の人を良くしたい。

だから、働くんじゃないだろうか。

この気持ちこそ、当たり前だけど、

この気持ちこそが、すべてじゃないだろうか。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

自分のことばかり考えているって言う人って、実は、、、...
2014年2月19日
カテゴリ:

【自分のことばかり考えているって言う人って、実は、、、】


“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

いつも
本当にありがとうございます。




僕は、
サラリーマン時代、、、

自分のことばっかり考えていた“と思っていた”。


僕は、
無職になっても、、、

自分のことしか何がえる余裕が無い“と思っていた”。



しかし、
最近、ふと思った。



 『 そんなに自分のことばかり考えているのに、

      いっこうに、幸せになる人が少ないのだろうか? 』




本当に、
自分ことを考えたら、

多少我慢してでも、
年収を上げたり、

たとえ辛くても、
望んでいる人生を手に入れようとする。



ダイエットだって、
本当に、自分のことを考えたら、
痩せるまで、なにかしらがんばるんじゃないだろうか。




 【 自 分 の こ と ば か り 考 え て い る 】




本当に、、、
こういう人達って、、、自分のことを考えているのだろうか?




世間は、
自分のことばかり考えるな、
他人のこと、
目の前の人のこと、
社会への貢献、世の中のことを
考えなさい!

というけれど、、、


そもそも、、、自分のことばかり考えているって言っている人って、
本当に、、、自分のこと、真剣に考えているのだろうか?





 「 僕は、自分のことばかり考えていたのかもしれません。 」



もし、
そういうことを口にする人がいたら、
その人って、本当に、自分のことを真剣に考えているのだろうか?




本当に、自分のことを考えていたら、

もっと、
未来の為に、今日、努力するはずだし、

もっと、
自分の人生を良くするためなら、なんでもするんじゃないだろうか。





要するに、、、、



 『 少しでも、楽して、結果を得たい。 』



ただ、
それだけじゃないだろうか。





自分のことを本気で考えるなら、
10年後、5年後、せめて1年後の自分のことを真剣に考えて、
今日、
行動してみたらどうだろうか。


そうじゃないと、
大好きな『自分』が、将来、大好きじゃなくなっちゃうかもしれない。




僕は、
自分のためで、人は頑張っていいと思う。

その結果、
誰かを幸せにすることが、究極の自分のためって気づくだろうから。




まずは、
自分の未来の為に、頑張ってみませんか?



今日、
刹那的な結果を望むと、、、

結局、『何もしない“楽”という結果』を望むのが、オチだと思う。


———————————————————

今日の成功統計学:

人は、結局、楽して結果が欲しい。

人は、結局、楽して未来を望んでいる。

しかし、そうじゃないことに気づいた人から、

今日、行動がうまれる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

情熱講演ページトップへ

只石昌幸の言葉