情熱講演~日本一、自分自身の可能性に気づける講演

情熱講演HP

起業家の健康維持にストレッチ!情熱講演
ストレッチナビのポータルサイトはこちらをクリック


今までの大学・教育機関での実績

只石社長への人生相談

情熱講演の理念!

情熱の継続化

~気づいて即行動、そしてやり続ける情熱~

直近で公開される情熱講演一覧


上記以外の講演スケジュールはこちら!



只石社長への人生相談

詳細はこちら

考えぬくとは、問いかけの回数と量。...
2014年1月8日

“出る杭をつくる会社”
株式会社レバレッジ 代表の只石です。

新年
あけましておめでとうございます。

本年も
よろしくお願いします!



2014年、
最初の配信です。

今日は、1月7日。
今年、7日目。
実は、もう今日で2014年の約2%は、
完了してしまっているのです。



そうやって考えると、
1日、1日が掛け替えのないものに僕は感じます。

大晦日や、元旦だけ、
やたら、目標や、
やたら、抱負を口にして、

気づいたら、1ヶ月過ぎて、
気づいたら、、、あっという間に、年末。



常に、
元旦のつもりで、
2014年は、すべてを決めて、走り続けたいです。

今年の
僕のテーマは、


 『 決 断 し て 、 考 え ぬ く 。 』



ただ、
未来を決めるだけではなく、

その決めた未来に
どう近づくか?
なぜ近づいて行ってないのか?
どうしたら効率化を図れるか?

考え抜きたいです。




考えて、
考えて、
それでもさらに、考えて、

そして、実行する。




すべては、行動のために。




本を読んだり、
セミナーに言ったり、
人の話を聞くのも大事。

しかし、
その後、実際に、自分の世界の中で
行動を起こすために、
“何をするのか?”を考えぬくことが、すごく大事ということに
やっと、
去年、気づいたのです。



感覚や、直感ばかりに頼りすぎてました。



今年は、
人に聞くのも大事だけど、
まずは、
自分のアタマを使って、考えぬいてみたいです。



今年から、
自宅とは別に、2つもオフィスを拡大し、

今年から、
毎月のように社員が増えている。



そうなると、
“勘”だけでは、経営が機能しなくなることに
やっと、気づきました。




今、
あまり告知もしてないですが、
シークレット食事会という勉強会をやってます。

1月開催告知
http://jyounetsu.tv/toikake201401/

2月開催予定
http://jyounetsu.tv/toikake201402/



ここでやっていることは、
とにかく、、、参加者たちに、『問いかけ』をしまくるということ。


問いかけ、質問、疑問を
ぶつければ、ぶつけるほど、
アイデアが湧いてくるのです。


要するに、、、
いかに、
人は、普段、考えずに行動しているのかがわかります。



だから、
僕は、
自分自身への問いかけの時間を大事にするようになりました。




世の中的には、
『好きなことを仕事に!』と言われてますが、
僕は、
この危険性をすごく感じてます。

僕なら、
好きなことも大事だけど、“得意なスキルを使ってまずは収益化”を
まっさきに、やりたいです。

収益化して、仕組み化して、
そこから、
好きなことをその中から見つけたほうが絶対に
効率的と思います。



好きなことを追っている間に、
チャンスが去ってしまいます。


好きなことをイメージするなら、
僕は、
考えぬいて、ニッチなビジネスと自分のリソースを組み合わせて
収益化したいです。


考えて、考えて、それでもさらに考えて、その先の考えぬいた先に・・・

目の前のチャンスを生かすきっかけがあるのです。




人生のチャンス、
考えぬくことで、まずは明確に目の前に作り上げてみませんか?

http://jyounetsu.tv/toikake201401/

———————————————————

今日の成功統計学:

問いかけの回数と、年収は比例する。

問いかけの量と、成功の確率は比例する。

考えぬいた先にこそ、未来が見えてくる。

———————————————————

最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
http://www.lev.co.jp/back_number/index.html


株式会社レバレッジ 代表 只石



==========================================

只石社長が人生を変えたきっかけってなんですか?...

只石昌幸の人生相談

2013年8月16日

お名前:Iさん(匿名希望)
大学・会社名称:
メールアドレス: ×××
職業:社会人

 

Q.只石社長が人生を変えたきっかけってなんですか? 

 

 

 A.只石社長の回答動画はこちら!

taidan1

 

 

 

 

動画はいかがでしたでしょうか?

 

 

毎月開催している講演では、

只石社長のアツいメッセージを生で聞く事ができます!

 

自分の中にある情熱に気づきたい方、

ぜひご参加ください!

 

■情熱講演スケジュール

http://jyounetsu.tv/schedule/

 

 

■期間限定での食事会開催!

 

—————
少人数限定シークレット食事会

【気づきのテーブル】
~只石昌幸と一緒に自分と向き合う特別な時間~


その場で個別にコンサルをさせてもらいます。
知識やノウハウではなく、完全に、その人の強みから
戦略、行動、目標を、その場で産み出します。
—————

詳しくはこちら!

http://jyounetsu.tv/syokujikai/

 

自分の心に火をつけたい!どうやって?...

只石昌幸の人生相談

2013年7月11日

お名前:Kくん
大学・会社名称:
メールアドレス: ×××
職業:学生
只石社長への質問内容:自分の心に本当の火をつけるにはどうしたらよいでしょうか?


家族の問題に
本気で取り組みたいと思っています

今までを振り返ってみると
自分は知らぬまに
自分の環境(家族の問題)のせいにしていて

気付くと気持ちが沈んでしまう

本当にふとした時にです

そしていろんなことがうまくいかない

そんな今の自分が嫌いです

家族の問題を考えると
自分の将来も不安にもなります

なんとかしたくて
地元に戻って家族と向き合うことに決めました

片手間で7年以上かけてもなかなか解決しなかった問題なので

8月からまとまった時間をとって取り組む予定です

ですが直前の7月になっても
自分の心に本当は火がついていない

ついている火が灯火のよう

どこかそんな気がするのです

どうすれば
自分の心に本当の火

炎をつけることが出来るでしょうか?

 

 A

Kくん、、、

家族のこと、大事に思っているかな?

 

思っていれば、いいよ。

大事なことは、、、

大事に思っているか、どうか。

 

行動の前に、やはり、感情なんだよね。

感情がともわない限り、、、、人は、動かない。

 

ってことは、、、

 

Kくんの心に、情熱の火を灯そうとしたら、、、

 

感情ってことじゃないかな?

 

動く理由がないかぎり、人は絶対に動けない。

セミナー行っても、本を読んでも、

一瞬は、そりゃ〜、やる気になる。

でも、

そのやる気が、2、3日で消えちゃうのは、、、

 

動く理由が、感情として感じてないから。

 

そもそも、

どうして、心の中に、火が欲しいのかな?

 

必要ないなら、なくてもいっしょ。

 

砂漠で、一週間くらい水を飲んでなくて、

ノドがカラカラなとき、

もし、、、

目の前に、水の入った水筒があったら、

 

その水筒の蓋を外すのに、、、

気合いも、

根性も、

情熱も、必要かな?

 

タダ、

飲みてーーーーーーっていう、感情だけで、

蓋を外し、

もし、蓋が硬くて外せなかったら、

水筒をぶっ壊しても、内の水、飲むんじゃないかな?

 

 

情熱ってね、

最初に、情熱があって、動くんじゃなく、、、

最初に、『やりたてーーーー』っていう、動く理由があるから、情熱が生まれる。

 

まずは、

情熱が生まれるきっかけを、探してご覧よ。

 

なんでもいいからさ。

 

とにかく、、、自分がやりてーーって言う事、やってみたら。

 

難しいことなんて、しなくていいんだよ。

もっと、

やりたい!ことを、さがそうぜ。

 

ちゃお!

 

 只石

自分の軸ってどこにあるの?...

只石昌幸の人生相談

2013年7月8日

お名前:和田真輝
大学・会社名称:愛知工業大学
メールアドレス: ×××
職業:学生

Q 只石社長への質問内容:

 

先日の講演会はお疲れ様でした。
只石社長とお会いする事で未知の自分と出会うことができました。
こんな自分がいてたのか!の連続で今は上を向いて、自身ももって、行動するように心がけています。

講演会中にどうしても質問できなかったので、この場をかりて質問させてもらいますね。


僕は今、大学2回生で一人暮らしをしています。
1回生の頃は寮に入っていて、寮で人生の友達になる人にも出会いました。
1回生の頃はみんなで過ごして、勉強も遊びも充実していて、
本当にいい関係も気づけていました。

ですが2回生になって、みんな一人暮らしになって、
バラバラになり、1回生の頃よりかは距離があいてきました。

自分が2ヶ月前に、
「世界のどんな家庭でも幸せにする建築家になる」
という、夢を決めてから、自分が夢に対してしなければいけない事が決まり、日々過ごしています。

自分の夢の事を優先してしまい、友達のお誘いも断ることも多々あり、前よりも友達との距離があいてしまいました。

友達にも日々感謝してます。だから大切にしたいです。
自分の夢にも時間も費やしたいです。
どちらも本当に大切なのですが、今は自分の夢を優先してしまっています。

そこで只石社長にお聞きしたい事は、
どんな状況におかれても、常に大切にしていること、ぶれない軸をもたれている源ってなんですか?

僕が只石社長にお聞きしたいことです。

 

 A

いいじゃん。好きにすれば。

って、

簡単に答えちゃったけど、実は、、、

好きに生きられないんだよね。 っていう、決め付けのせいでね。

もっと、心の声にしたがって欲しいな。

ひとって、当たり前すぎることだけど、

2つのことを、同時にできないんだよね。

 

和田君が、

夢のための勉強をしながら、同時に、友達と会うっていうのができないようにね。

だから、

勉強したければ、勉強すればいいし、

友達とも会いたいな〜って思えば、会えばいい。

同時にできないんだから、毎回、優先順位を考えていいんだよ。

そして、実際に行動して、違うな〜って思えば、変えればいい。

 

結局、答えなんて、俺、、、和田君じゃないから、知らねーし。笑

当然だよね。

 

すべての答えが、和田君の中にあるんだよ。

なかには、こんなオトナがいる。

 

「今は、夢に向かって、とにかく、、、勉強だ!」ってね。

それは、それで間違ってない。

でもね、

それを言われて、やってみてほしんだよね。そのオトナにしたがって。

それで、、、ちょっと、違くね?って思ったら、その感じた、感情を大事にしてほしいな。

 

俺が言いたいのは、サボれとか、疲れたら辞めちゃえってことじゃなく、

『後悔しない生き方を、その瞬間、しようぜ』ってこと。

 

そういう意味で、俺にとって、ブレない軸って、、、、

 

自分の感情にしたがって、生きる。

ってことかな。

結局、他人からもらえるのはアドバイスだけで、答えじゃねーんだよね。

自分の感情を無視している限り、自分が本来持っている答えにいつまでも気付けない気がするんだよね。

みんな、言うよね。

 

「好きなことしろ!」って。

 

やっぱ、そこなんじゃないかな。そこ。

人生で、好きなことをまるっとしろっていう意味もあるけど、

その瞬間、、、、好きなことをするっていう意味もあると思うよ。

 

好きなこと=決して、楽するとか、怠惰に生きるとか、サボるじゃなく、

『イヤと思わない行動をする』ってことなんだよね〜

 

どう? 答えになっている?

ってか、、、これだって、俺の答えであって、和田くんの答えにしないでね。

あくまでも、刺激としてのきっかけにつかってね。

 

ちゃお!

 

 

 

 

 

起業における銀行融資って?...

只石昌幸の人生相談

2013年7月4日

Q.

只石さんへ

夜分遅くにメッセージをしてしまい誠に申し訳ございません。
アロハシャツ専門店
heizoose Aloha + Supplyの山仲です。

先日の講演本当に有難うございました。
只石さんのお話のおかげでやる気スイッチがMaxになっております。

只石さんにお聞きしたい事がありまして、
大変不躾な質問かと思いますが、ぜひお答え頂ければと思います。

この度アロハシャツの新規ブランド立ち上げにに際しまして、銀行融資を受けようと思っています。

銀行融資を受けるにあたって一番大切な事は何ですか?

ご多忙かとは思いますが、只石さんの意見をお聞きしたいです。

よろしくお願い致します。

山仲

A.

ごめん、、、
起業して10年、、、

一度も、借金したことねーわ。

でも、
大事なことは、借りたこともない俺でも知っているぞ。

銀行から借りる時の大事なことは、、、

 


『絶対に、返すこと。』

 


笑。
でもな、
絶対に返す人なら、
誰でも、貸すだろ。

要するに、

『返す雰囲気を先にどう伝えるか?』

これ、真理。

結局、
みんな、、、

『自分のメリット』ばかり、考えている。

貸してくれる銀行のメリットは?

銀行は、
『必ず返してくれる人に貸す。』
が、目的。

でもな、
あとひとつ、あるんだよ。

『窓口の担当者のメリット』

縦割りで、減点方式の査定の中、生きているサラリーマンのメリットは、

『危ない橋を渡らない』

中には、
人生をかけてくれる立派な人もいるけど、あくまで、例外。

『言い訳をさせてあげる』

こんなに立派な企業に金を貸すのは、自分でなくても承認する。っていう、言い訳。
彼らは、無難という、危なげなく生きることを選択しているからね。

あとは、
考えてみて。

俺は、
方向だけ示す。
これは、うちの会社での俺の業務も一緒なんだよ。、

 LEVERAGE 只石

情熱講演ページトップへ

只石昌幸の言葉